知識の代償とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 知識の代償の意味・解説 

知識の代償

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/06 01:30 UTC 版)

知識の代償(ちしきのだいしょう、: The Cost of Knowledge)は、学術雑誌出版社エルゼビアの商慣行に対する研究者からの抗議行動である。抗議運動の理由としては、雑誌の価格引き下げや情報へのさらなるオープンアクセスの促進の要求がある。このプロジェクトの主な作業は、エルゼビア社の雑誌への論文の発表、査読、編集業務の提供などによってエルゼビア社を支援しないと表明する宣言への署名を研究者らに求めることである。




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Taylor, Mike (21 February 2012). “It's Not Academic: How Publishers Are Squelching Science Communication”. Discover英語版. http://blogs.discovermagazine.com/crux/2012/02/21/its-not-academic-how-publishers-are-squelching-science-communication/ 2012年2月22日閲覧。. 
  2. ^ a b Shapiro, Gary (2006年10月26日). “A Rebellion Erupts Over Journals of Academia”. The New York Sun. 2012年2月25日閲覧。
  3. ^ Whitfield, John (2012年2月9日). “Elsevier boycott gathers pace”. nature.com. 2012年2月25日閲覧。
  4. ^ a b c “Scientific publishing: The price of information”. The Economist. (2012年2月4日). オリジナル2012年2月16日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/65VHxfKJ9 
  5. ^ See Sir William Timothy Gowers (2012年1月21日). “Gowers's Weblog / Mathematics related discussions / Elsevier — my part in its downfall /”. 2015年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月6日閲覧。
  6. ^ Grant, Bob (2012年2月7日). “Occupy Elsevier?”. サイエンティスト英語版. 2012年2月12日閲覧。
  7. ^ Worstall, Tim (2012年1月28日). “Elsevier's Publishing Model Might be About to Go Up in Smoke”. forbes.com. http://www.forbes.com/sites/timworstall/2012/01/28/elseviers-publishing-model-might-be-about-to-go-up-in-smoke/ 2012年2月12日閲覧。 
  8. ^ a b c Flood, Alison (2012年2月2日). “Scientists sign petition to boycott academic publisher Elsevier”. The Guardian (London: GMG). ISSN 0261-3077. OCLC 60623878. オリジナル2012年2月16日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/65VHiGo2Z 
  9. ^ a b Fischman, Josh (2012年1月30日). “Elsevier Publishing Boycott Gathers Steam Among Academics”. The Chronicle of Higher Education. 2012年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月15日閲覧。
  10. ^ Cook, Garret (2012年2月12日). “Why scientists are boycotting a publisher – Opinion – The Boston Globe”. bostonglobe.com. 2012年2月12日閲覧。
  11. ^ 2010 highlights”. reports.reedelsevier.com (2012年). 2012年2月17日閲覧。 “operating margin”
  12. ^ Storbeck, Olaf (2012年2月14日). “Teure Wissenschaft: Forscher boykottieren Fachverlag” (German). Handelsblatt. 2012年2月16日閲覧。
  13. ^ Storbeck, Olaf (2012年2月13日). “Dennis Snower: 'Herausgeber können Gott spielen'” (German). Handelsblatt. 2012年2月16日閲覧。
  14. ^ Hyland, Andy (2012年2月7日). “Heard on the Hill: University Senate considering boycotting publisher Elsevier...”. Lawrence Journal-World英語版. 2012年2月16日閲覧。
  15. ^ Plickert, Philip (2012年2月14日). “Debatte um Wissenschaftsverlag: Akademischer Frühling” (German). 2012年2月16日閲覧。
  16. ^ Jha, Alok (2012年4月9日). “Wellcome Trust joins 'academic spring' to open up science | Science | The Guardian”. The Guardian (London: GMG). ISSN 0261-3077. OCLC 60623878. http://www.guardian.co.uk/science/2012/apr/09/wellcome-trust-academic-spring?newsfeed=true 2012年4月22日閲覧。 
  17. ^ Naughton, John (2012年4月21日). “Academic publishing doesn't add up”. The Guardian (London: GMG). ISSN 0261-3077. OCLC 60623878. http://www.guardian.co.uk/technology/2012/apr/22/academic-publishing-monopoly-challenged 2012年4月22日閲覧. "academic sp" 
  18. ^ Slind-Flor, Victoria (2012年9月28日). “Bard, Motorola, Medicaid, Bullfrog: Intellectual Property”. bloomberg.com. http://www.bloomberg.com/news/2012-02-13/bard-motorola-medicaid-bullfrog-intellectual-property-1-.html 2012年2月13日閲覧。 
  19. ^ Peek, Robin (2012年2月13日). “The Cost of Knowledge Versus Elsevier: 5,600 Signatures and Growing”. Information Today, Inc.英語版. 2012年2月13日閲覧。
  20. ^ a b c Lin, Thomas (2012年2月13日). “Researchers Boycott Elsevier Journal Publisher”. The New York Times (New York). ISSN 0362-4331. http://www.nytimes.com/2012/02/14/science/researchers-boycott-elsevier-journal-publisher.html?_r=1 2012年2月15日閲覧。 
  21. ^ Tao, Terence (2012年2月8日). “A statement on the cost of knowledge declaration « What's new”. terrytao.wordpress.com. 2012年2月15日閲覧。
  22. ^ Yeager, Ashley (2012年2月14日). “Duke Scholars Join Boycott Against Elsevier”. today.duke.edu. 2012年2月15日閲覧。
  23. ^ Johnson, Dennis (2012年2月15日). “Furor over Elsevier escalates”. mhpbooks.com. 2012年2月15日閲覧。
  24. ^ Lane, Bernard (2012年7月6日). “Maths journals open up”. The Australian. http://www.theaustralian.com.au/higher-education/maths-journals-open-up/story-e6frgcjx-1226417801410 2012年7月23日閲覧。 
  25. ^ Elsevier Backs Down as Boycott Grows”. 2012年2月29日閲覧。
  26. ^ Sponsors and Supporters Back Away from Research Works Act”. 2012年2月29日閲覧。
  27. ^ a b c Aron, Jacob. “Elsevier vows to keep price of mathematics journals low”. New Scientist. 2016年6月15日閲覧。
  28. ^ Taylor, Mike (2012年1月16日). “Academic publishers have become the enemies of science”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/science/2012/jan/16/academic-publishers-enemies-science 2012年2月29日閲覧。 
  29. ^ Howard, Jennifer (2012年2月27日). “Legislation to Bar Public-Access Requirement on Federal Research Is Dead”. The Chronicle of Higher Education. 2012年2月28日閲覧。
  30. ^ Free access to archived articles of primary mathematics journals”. 2015年2月23日閲覧。


「知識の代償」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

知識の代償に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「知識の代償」の関連用語

知識の代償のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

824SH Elegant Line

8000系

ニットボトム

Andrew Jackson

探偵小説

KTR700型

グラントシマウマ

ペトリオット





知識の代償のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの知識の代償 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS