水樹奈々とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 芸能人 > 声優 > 日本の声優 > 水樹奈々の意味・解説 

水樹奈々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/21 22:55 UTC 版)

水樹 奈々(みずき なな、1980年1月21日[1] - )は、日本女性声優歌手ラジオパーソナリティナレーター




注釈

  1. ^ 奥井雅美が最初に「お奈々さん」と呼び、その後に三嶋章夫矢吹俊郎から呼ばれるようになった。
  2. ^ ラジオ『水樹奈々 スマイル・ギャング』で呼ばれている。
  3. ^ シグマ・セブン等の公式プロフィールは154cmと明記されているが『NANA MIZUKI LIVE MUSEUM×UNIVERSE』ディスク4のメイキングおよび『NANA MIZUKI LIVE FIGHTER -RED SIDE-』「Dancing in the velvet moon」での解説音声、水樹奈々のMの世界 2012年6月10日、水樹奈々スマイルギャング 2013年9月29日 では154cmと言っている。
  4. ^ 予選で歌ったのは「河内おとこ節」(中村美津子)、決勝戦で歌ったのは「千年の古都」(都はるみ)だった。
  5. ^ 1995年1月16日、堀越高等学校受験のために新居浜から夜行高速バス「パイレーツ号」に乗車したところ、翌日5時46分に阪神・淡路大震災が発生した。しかし震災前に通過していたため難を逃れている(LIVE MUSEUM MC-4
  6. ^ 師弟間での「じゃれ合い」程度の行為だったが、「思春期の女の子が傷つくには、それは十分すぎるほどだった」としている。一方で、退学を回避できるよう配慮してくれたことなど、感謝もしていると述べている[12]
  7. ^ デイリーチャートでも、10月18日の初登場、19日付で2位となり、当時の自己最高記録を更新。
  8. ^ 声優による週間音楽チャートの首位獲得は、1968年(昭和43年)の集計開始以来、41年間続くオリコンチャートの歴史において初。
  9. ^ これは、第60回NHK紅白から新設されるパソコン・携帯電話などのデジタルコンテンツ向けパブリシティ担当である。
  10. ^ 榊原ゆいがバックダンサーとして出場経験がある。
  11. ^ この賞は次回から男性限定になったため、女性では水樹が唯一の受賞者ということになった。
  12. ^ なお、それ以前はパイオニアLDC(現:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン)に在籍していた。
  13. ^ 午前中から臨時列車が運行されたほか、ラジオ番組とのタイアップ企画で「DIAMOND EXPRESS」と銘打たれた臨時特急も運転された。この臨時特急は西武池袋駅からの直通運行となり、番組内での応募に当選した400名が乗車した。
  14. ^ ただし、それまでに『シスタープリンセス』・『七人のナナ』のキャラクター関連でランクインしたことはある。
  15. ^ 前回の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)は引き分けだったが、今回は5-2で阪神が勝った。その日のヒーローインタビューは、奇しくも矢野だった。
  16. ^ なお、日本でビルボードを運営している阪神コンテンツリンクは、阪神タイガース同様に阪神電気鉄道の子会社(阪急阪神東宝グループ傘下)で、阪神タイガースの試合映像配信サービス「Tigers-ai」の映像製作・配信元でもある。
  17. ^ タイミング合わせは「DISCOTHEQUE」の冒頭部分の掛け声「チュルパヤコール」が107dBとなり世界記録の131dBに及ばない。
  18. ^ 以前の世界記録は、アメリカの1450人
  19. ^ 吹き戻しを伸ばした状態を10秒間保つ。以前の世界記録は、淡路島の765人
  20. ^ このほか、『cherry boys』の松永俊弥はライブおよびレコーディング、門脇大輔はレコーディングおよびストリングス関係で、それぞれポルノグラフィティと関わりがある。
  21. ^ ただし、同じくゲストだった中川翔子らとともに美空ひばりの「川の流れのように」を合唱した。
  22. ^ 参加ミュージシャンは、大平勉、市川祥治、矢吹俊郎、田中章弘、渡辺豊松永俊弥。収録日は2010年6月22日
  23. ^ 参加ミュージシャンは、大平勉、 北島健二、 矢吹俊郎、坂本竜太、渡辺豊。収録日は2011年3月28日
  24. ^ 参加ミュージシャンは、大平勉、矢吹俊郎、坂本竜太、渡辺豊、是永巧一。収録日は4月12日
  25. ^ 収録日は8月1日
  26. ^ 参加ミュージシャンは、大平勉、 矢吹俊郎、渡辺格、渡辺豊、是永巧一。収録日は11月15日
  27. ^ 参加ミュージシャンは、大平勉、矢吹俊郎、 渡辺格、松永俊弥、是永巧一。
  28. ^ 自身のライブツアー『アニメロミックス presents NANA MIZUKI LIVE ACADEMY 2010 Powered by Windows7 mania Office』最終公演会場(日本ガイシホール)からの生中継・出演。
  29. ^ 水樹初の生中継での歌唱となった。
  30. ^ 参加ミュージシャンは、大平勉 矢吹俊郎 渡辺豊 是永巧一 テレビのテロップにはダンサーは「TEAM YO-DA」のみだが「YO-DA jr」と「チアリーディング」も参加している。
  31. ^ 参加ミュージシャンは、大平勉 矢吹俊郎 市川祥治 松永俊弥 是永巧一
  32. ^ このとき製作された『週刊トロ・ステーション』のPVのナレーション(同作公式サイトで視聴可能)やフルボイス版トロ・ステーションのトロ・クロ・テレビさんの声も担当。
  33. ^ 前日の9月22日にミルキィホームズが先立ってライブを行うため、水樹は2番目となる。

出典

  1. ^ 水樹奈々公式サイト プロフィール
  2. ^ NANA's FACE(水樹奈々プロフィール) - オフィシャルファンページ・JAM STATION ななチャンネル内のプロフィールページ、著作『深愛』(幻冬舎)の中にも記されている
  3. ^ 水樹奈々(声優・ミュージシャン・声優・ナレーター・歌手・アーティスト)”. Yahoo!検索(人物). 2013年5月13日閲覧。
  4. ^ Project Yamato 2199”. TV放送 宇宙戦艦ヤマト2199 (2013年4月6日). 2013年5月13日閲覧。
  5. ^ 水樹奈々、初自叙伝で演歌歌手時代の苦難の日々を告白”. ナタリー(ウェブ魚拓によるキャッシュ) (2010年10月25日). 2013年10月26日閲覧。
  6. ^ 水樹奈々 著 『深愛』 幻冬舎、2011年1月21日第1刷発行、ISBN 978-4-344-01936-2、16-19頁。
  7. ^ a b 水樹奈々 著 『深愛』 幻冬舎、2011年1月21日第1刷発行、ISBN 978-4-344-01936-2、20-21頁。
  8. ^ a b c d e f g h "第3話「Dear MMEORIES」". 三嶋章夫監修 フジテレビジョンフジテレビNEXT)制作. 水樹奈々 seven peices 〜NANA MIZUKI LIVE JOURNEY 2011 side-B〜. アニマックス. 2012年3月11日放送.
  9. ^ 『深愛』40頁
  10. ^ a b 『深愛』、96頁。
  11. ^ 千代田区飯田橋 音楽教室産光ミュージック株式会社”. iタウンページ(ウェブ魚拓によるキャッシュ). 2013年10月26日閲覧。
  12. ^ 水樹奈々が「深愛」で綴った半生 「先生からセクハラ受けた」”. J-CASTニュース(ウェブ魚拓によるキャッシュ) (2011年1月18日). 2013年10月26日閲覧。
  13. ^ オリコン (2010年1月19日 04:00). “紅白初出場の水樹奈々、デビュー10年目で声優史上初のシングル首位「感謝の気持ちでいっぱい」”. The ORICON STYLE. 2010年1月19日閲覧。
  14. ^ 津島史人 (2010年02月21日 18:27). “雑記帳:声優の水樹奈々さんが「新居浜ふるさと観光大使」”. 毎日新聞社. 2010年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月24日閲覧。
  15. ^ 水樹奈々のこれまでの半生を赤裸々に綴った自叙伝『深愛』発売を記念して、1200名を招いての握手会を開催!
  16. ^ <水樹奈々>ニコ生のチャリティー番組 義援金300万円突破”. まんたんウェブ (2011年3月29日). 2011年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月31日閲覧。
  17. ^ “水樹奈々、声優初の東京ドーム進出! 12月にいきなり2days公演”. ORICON STYLE (オリコン). (2011年7月24日20:00). http://www.oricon.co.jp/news/music/2000105/full/ 2012年7月25日02:07閲覧。 
  18. ^ “水樹奈々さん、いよかん大使に 故郷の愛媛で”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2012年4月18日00:07). オリジナル2012年4月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120417172556/http://www.asahi.com/national/update/0417/TKY201204170633.html 2012年4月18日15:36閲覧。 
  19. ^ 紅白歌合戦】出場歌手決定! ももクロ、きゃりー、斉藤和義、金爆ら初出場は12組”. ORICON STYLE. オリコン (2012年11月26日17:00). 2012年11月26日18:24閲覧。
  20. ^ 「革命機ヴァルヴレイヴ」OPテーマ「Preserved RosesでT.M.Revolution×水樹奈々がスペシャルコラボ”. アニメイトTV. アニメ! アニメ! (2013年2月17日). 2013年4月1日閲覧。
  21. ^ 田村ゆかり&水樹奈々、ねんどろいど化で2頭身に”. ナタリー. ナターシャ (2013年5月20日). 2013年5月23日閲覧。
  22. ^ 第55回『レコ大』候補発表 V3かかるAKB、HIRO勇退のEXILEら,ORICON STYLE,2013年11月21日
  23. ^ 是枝監督、玄侑さんらに大臣賞=新人賞は水樹奈々さんら-芸術選奨,時事通信社,2014年3月13日
  24. ^ 愛顔(えがお)つなぐえひめ国体のイメージソングが完成しました!,第72回国民体育大会 愛顔(えがお)つなぐえひめ国体公式ホームページ,2014年3月24日
  25. ^ 【オリコン】水樹奈々、4年10ヶ月ぶりアルバム首位,ORICON STYLE,2014年4月22日
  26. ^ 文化放送『超機動放送アニゲマスター』で本人談。
  27. ^ 『水樹奈々 スマイル・ギャング』より。
  28. ^ 水樹奈々のMの世界』(第169 - 170回)より。
  29. ^ a b “動物大好き”水樹奈々、「アニマルプラネット」のナレーターに抜擢,livedoorニュース,2010年01月13日
  30. ^ 『水樹奈々 スマイル・ギャング』第387次集会より。
  31. ^ アワード全部門受賞者発表”. Billboard JAPAN MUSIC AWARD. Billboard JAPAN (2012年12月16日). 2012年12月16日20:42閲覧。
  32. ^ 【泣いて笑って踏ん張って 役者・芸人貧乏物語】水樹奈々(声優・歌手) - 日刊ゲンダイ 2011年3月18日。2011年3月21日閲覧。(2011年3月20日時点のアーカイブ
  33. ^ 『ナナ☆スタ』、45頁。
  34. ^ 『深愛』、23頁。
  35. ^ 『深愛』、31頁。
  36. ^ 『深愛』、33頁。
  37. ^ 『B.L.T.VOICE GIRLS VOL.1』 東京ニュース通信社、2010年2月10日発行、ISBN 978-4-86336-080-8、88頁。また『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』でも同様の発言をしている。
  38. ^ 『ナナ☆スタ』、37頁。
  39. ^ a b FLASH光文社、2010年7月27日号、『No.1声優アーティスト 水樹奈々 デビュー10周年 攻めアゲ!ヒストリー』。
  40. ^ 『ナナ☆スタ』 オリコン・エンタテインメント、2010年12月6日発売、2011年1月1日発行、オリ★スタ2011年1月1日号増刊、50-51頁。
  41. ^ 『水樹奈々 アーティスト スコアブック Sing Forever』 ヤマハミュージックメディア、2008年4月20日初版発行、ISBN 978-4-636-82576-3、87-92頁、特別インタビュー『Nana Mizuki Long Interview』
  42. ^ 『深愛』、22頁。
  43. ^ 『深愛』、111頁。
  44. ^ 『水樹奈々 スマイル・ギャング』第241次集会より。
  45. ^ NANA MIZUKI LIVE DIAMOND×FEVER』の「Nostalgia」部分での三島プロデューサーとの解説音声より。
  46. ^ a b ステラNHKサービスセンター、2010年11月12日号、4-7頁、『ステラインタビュー 水樹奈々』。
  47. ^ 2010年10月2日、MUSIC FAIRより。
  48. ^ 2009年8月7日、水樹奈々Mの世界より。
  49. ^ NHK総合「MUSIC JAPAN」2010年2月13日放送分にて。
  50. ^ 2010年1月10日 東京FMau ONAIR MUSIC CHART』より。
  51. ^ 『ナナ☆スタ』、46頁。
  52. ^ 『NANA CLIPS4』「COSMIC LOVE」オーディオコメンタリー
  53. ^ 水樹奈々 (2012年12月22日). “バルディッシュ、キャンドルスタンバイモード☆”. NANAPARTY. 2013年11月2日閲覧。
  54. ^ 水樹奈々 (2012年2月7日). “ホワイトけぇたん☆”. NANAPARTY. 2013年11月2日閲覧。
  55. ^ a b c d 独立行政法人科学技術振興機構日本科学未来館著「グラフィックガイド from Young Alive! iPS細胞がわかる本」(PHP研究所)2010年9月1日第1版第1刷発行、ISBN 978-4-569-79104-3、40-42頁、特別インタビュー『水樹さんとYoung Alive!』。
  56. ^ 『ナナ☆スタ』、24頁。
  57. ^ 水樹奈々 (2008年2月23日). “良いコにします☆”. NANA PARTY. 2013年11月21日閲覧。
  58. ^ 水樹奈々 (2012年1月9日). “女の子らしいデザインっ♪”. NANA PARTY. 2013年11月21日閲覧。
  59. ^ 水樹奈々 (2008年7月19日). “門番がやって来た!”. NANA PARTY. 2013年11月21日閲覧。
  60. ^ 『ナナ☆スタ』、49頁。
  61. ^ nanaparty(水樹奈々) (2009年7月20日). “パワースポットでしたっ!”. 水樹奈々 公式ブログ. 2009年10月19日閲覧。
  62. ^ nanaparty(水樹奈々) (2009年2月15日). “ガイドさんは意外とミーハー(笑)”. 水樹奈々 公式ブログ. 2009年10月19日閲覧。
  63. ^ nanaparty(水樹奈々) (2011年6月14日). “友情ファイル☆その37”. 水樹奈々 公式ブログ. 2009年10月19日閲覧。
  64. ^ nanaparty(水樹奈々) (2011年5月31日). “友情ファイル☆その36”. 水樹奈々 公式ブログ. 2011年6月19日閲覧。
  65. ^ nanaparty(水樹奈々) (2006年6月8日). “いちご会♪”. 水樹奈々 ブログ NANAPARTY. 2006年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月19日閲覧。
  66. ^ nanaparty(水樹奈々) (2008年1月23日). “たらふく食べました(笑)”. 水樹奈々 公式ブログ. 2011年6月19日閲覧。
  67. ^ nanaparty(水樹奈々) (2009年2月13日). “いちごヒロイン会2009☆”. 水樹奈々 公式ブログ. 2011年6月19日閲覧。
  68. ^ nanaparty(水樹奈々) (2008年9月23日). “乙女サイズ☆”. 水樹奈々 公式ブログ. 2011年6月19日閲覧。
  69. ^ 株式会社シグマ・セブン - 女性タレントプロフィール
  70. ^ nanaparty(水樹奈々) (2011年4月4日). “友情ファイル:その5”. 水樹奈々 公式ブログ. 2011年4月10日閲覧。
  71. ^ nanaparty(水樹奈々) (2009年7月30日). “話が尽きませんっ!”. 水樹奈々 公式ブログ. 2009年10月19日閲覧。
  72. ^ a b 『深愛』、64頁。
  73. ^ a b 新堂本兄弟(フジテレビ)2012年6月10日放送分」
  74. ^ nanaparty(水樹奈々) (2012年2月25日). “私も揚げ揚げナイト(笑)”. 水樹奈々 公式ブログ. 2013年3月20日閲覧。
  75. ^ スポーツ報知』2010年8月3日
  76. ^ デイリースポーツ』2006年2月6日付
  77. ^ 『ナナ☆スタ』、45頁。
  78. ^ nanaparty(水樹奈々) (2011年2月6日). “緊張の連続っ!!”. 水樹奈々 公式ブログ. 2012年2月23日閲覧。
  79. ^ 『ナナ☆スタ』、49頁。
  80. ^ 『声優PARADISE vol.4』、11、13頁。
  81. ^ 公式ブログ2013年01月03日記事本文より。
  82. ^ 公式ブログ2011年01月17日記事本文より。
  83. ^ nanaparty(水樹奈々) (2009年4月23日 1:26:28). “私的にはこれが1番似てると思う(笑)”. 水樹奈々 公式ブログ. 2009年10月19日閲覧。
  84. ^ ラジオ『水樹奈々 スマイル・ギャング』内における発言などより。
  85. ^ 日本テレビ系列放送『ダウンタウンDX』(2009年4月23日放送分)より。
  86. ^ nanaparty(水樹奈々) (2009年12月13日). “愛媛娘っ☆”. 水樹奈々 公式ブログ. 2009年12月13日閲覧。
  87. ^ 眞鍋かをり (2009年12月13日). “”. 眞鍋かをりのココだけの話. 2009年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月13日閲覧。
  88. ^ 『深愛』、149頁。
  89. ^ 『深愛』、152頁。
  90. ^ 「MUSIC FAIR」2012年06月09日放送より。
  91. ^ a b c d 別冊カドカワ 『別冊カドカワ 総力特集 ポルノグラフィティ 「挑戦」』No.421、角川マガジンズ角川グループパブリッシング)〈カドカワムック〉、2012年4月6日、001-288頁。ISBN 978-4-04-731134-3
  92. ^ 文化放送『水樹奈々 スマイルギャング』第417回(2010年3月28日放送分)。
  93. ^ ソニー・マガジンズ『WHAT's IN?』2010年4月号(p.028-031)より。
  94. ^ STAFF・CAST 絶園のテンペスト”. 絶園のテンペスト公式サイト (2012年8月26日). 2012年8月26日16:33閲覧。
  95. ^ 【速報:キャスト発表その2】”. project-magi Twitter. 2012年9月30日閲覧。
  96. ^ 週刊少年ジャンプ』新年No.4・5合併特大号より。
  97. ^ CAST”. 革命機ヴァルヴレイヴ. 2013年3月30日閲覧。
  98. ^ CAST”. TVアニメ「戦姫絶唱シンフォギアG」公式サイト. 2013年3月28日閲覧。
  99. ^ 【速報:キャスト発表その2】”. project-magi Twitter. 2012年9月30日閲覧。
  100. ^ スタッフ&キャスト”. みなみけ ただいま公式サイト (2012年11月26日). 2012年11月26日閲覧。
  101. ^ キャスト第2弾情報発表!”. 伏 鉄砲娘の捕物帳公式サイト (2012年8月10日). 2012年9月17日閲覧。
  102. ^ ニュース 2013.09.27”. 映画『かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご』. 2013年9月27日閲覧。
  103. ^ スタッフ・キャスト”. 劇場版「トリコ」. 2013年4月30日閲覧。
  104. ^ STAFF&CAST”. 劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-. 2013年10月25日閲覧。
  105. ^ [松山ケンイチ]ラブコール実り役を手中に 劇場版アニメで吉永小百合と初共演”. マイコミジャーナル. 2013年8月19日閲覧。
  106. ^ キャスト&スタッフ”. 『マッツとヤンマとモブリさん』. 2013年10月3日閲覧。
  107. ^ 『アンチェインブレイズ エクシヴ』豪華クリエイター陣が集結した超注目作!!”. ファミ通.com. 2012年5月30日閲覧。
  108. ^ 『シャイニング・アーク』行く手を阻むライバルたちが登場”. ファミ通.com. 2012年12月6日閲覧。
  109. ^ 「シャイニング・アーク」主題歌収録CD:水樹奈々『ROCKBOUND NEIGHBORS』”. SEGA[シャイニング・アーク]公式サイト. 2012年12月12日閲覧。
  110. ^ B's-LOG』2013年2月号、エンターブレイン、2012年12月。
  111. ^ 週刊ファミ通』2012年12月6日号より。
  112. ^ キャラクター”. NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム3. 2013年2月19日閲覧。
  113. ^ 『ファントムブレイカー:エクストラ』 原由実が歌うオープニングムービーが公開【動画あり】”. ファミ通.com. 2013年7月8日閲覧。
  114. ^ CHARACTER”. ファントムブレイカー: バトルグラウンド. 2012年11月1日閲覧。
  115. ^ キャラクター”. マギ はじまりの迷宮. 2013年9月24日閲覧。
  116. ^ 「拡散性ミリオンアーサー」の正統進化タイトル「乖離性ミリオンアーサー」が始動!前山田健一氏、伊藤賢治氏制作による主題歌は水樹奈々さんが担当”. Gamer. 2014年2月18日閲覧。
  117. ^ 神話帝国ソウルサークル<公式>”. 2014年3月5日閲覧。
  118. ^ Character”. 超ヒロイン戦記. 2013年10月31日閲覧。
  119. ^ キャラクター”. マギ 新たなる世界. 2014年2月14日閲覧。
  120. ^ a b イタズラなKISS”. Welz Music web site. 2013年12月2日閲覧。
  121. ^ 水樹奈々「ハンガー・ゲーム」主演役でハリウッド映画吹き替え初挑戦”. 映画ニュース - 映画.com. 2012年8月16日閲覧。
  122. ^ スターリーテイルズ - 上映館情報
  123. ^ スターリーテイルズ - アーティスト
  124. ^ フィギュア王』No.181、ワールドフォトプレス、2013年2月23日
  125. ^ 番組について”. あにまるワンだー公式サイト. 日本放送協会. 2013年3月29日閲覧。
  126. ^ Impress Watch Corporation (2009年9月25日). “2009年9月26日号”. AKIBA PC Hotline!. 2009年10月25日閲覧。
  127. ^ 日本科学未来館ドームシアターガイア - 上映プログラム -
  128. ^ Young Alive! 〜iPS細胞がひらく未来〜 - キャスト / スタッフ -
  129. ^ トピックス”. トリコ 公式サイト 東映アニメーション. 2012年9月8日閲覧。


「水樹奈々」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

水樹奈々に関連した本

水樹奈々に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「水樹奈々」の関連用語

水樹奈々のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




水樹奈々のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2014 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水樹奈々 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS