日本語の乱れとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 日本語の乱れの意味・解説 

日本語の乱れ

作者清水義範

収載図書似ッ非イ教室
出版社講談社
刊行年月1994.7

収載図書似ッ非イ教室
出版社講談社
刊行年月1997.7
シリーズ名講談社文庫

収載図書日本語の乱れ
出版社集英社
刊行年月2000.11

収載図書日本語の乱れ
出版社集英社
刊行年月2003.5
シリーズ名集英社文庫


日本語の乱れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/30 07:17 UTC 版)

日本語の乱れ(にほんごのみだれ)とは、規範とされる日本語標準語国語)と現実の日本語の食い違いを否定的に捉えた語である。「変化」や「ゆらぎ」ともいう。


[ヘルプ]
  1. ^ 金田一春彦『金田一春彦著作集 第二巻』玉川大学出版部、2004年、30頁。
  2. ^ 金田一春彦『金田一春彦著作集 第二巻』玉川大学出版部、2004年、96頁。
  3. ^ 日本国憲法 第十九条  思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。
  4. ^ 第二十一条  集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
  5. ^ 金田一春彦『金田一春彦著作集 第二巻』玉川大学出版部、2004年。
  6. ^ a b 『「~たり、~たり」を省略しない理由』- 毎日ことば、2017年08月20日閲覧。
  7. ^ 『「~たり~たり」』 - NHK放送文化研究所、2017年08月20日閲覧。
  8. ^ 井上史雄『敬語はこわくない 最新用例と基礎知識』講談社現代新書、1999年、108頁。
  9. ^ テジタル大辞泉”. 2017年5月13日閲覧。
  10. ^ 三省堂 大辞林”. 2017年5月13日閲覧。
  11. ^ テジタル大辞泉”. 2017年5月13日閲覧。
  12. ^ 北原保雄 『問題な日本語』 大修館書店、2004年、111頁。ISBN 4469221686 
  13. ^ 北原保雄 『問題な日本語』 大修館書店、2004年、111-113頁。ISBN 4469221686 
  14. ^ 文化庁国語課 『文化庁国語課の勘違いしやすい日本語』 幻冬舎、2015年、110-111頁。ISBN 9784344978485 
  15. ^ 文化庁国語課 『文化庁国語課の勘違いしやすい日本語』 幻冬舎、2015年、111頁。ISBN 9784344978485 
  16. ^ 井上史雄『敬語はこわくない 最新用例と基礎知識』講談社現代新書、1999年、70頁。
  17. ^ 文化審議会「敬語の指針」pdf、2007年2月答申。2017年6月7日閲覧。
  18. ^ 2005年3月28日 NPO法人日本話しことば協会「あなたの日本語大丈夫?」産経新聞社P108
  19. ^ 奥山益朗「させていただく」『日本人と敬語』東京堂、1972年
  20. ^ 井上史雄『敬語はこわくない 最新用例と基礎知識』講談社現代新書、1999年、160頁。
  21. ^ 放送用語委員会”. 2017年8月5日閲覧。
  22. ^ 井上史雄『敬語はこわくない 最新用例と基礎知識』講談社現代新書、1999年、110頁。
  23. ^ 文化庁国語課 『文化庁国語課の勘違いしやすい日本語』 幻冬舎、2015年、136-137頁。ISBN 9784344978485 
  24. ^ 北原保雄 『問題な日本語』 大修館書店、2004年、18頁。ISBN 4469221686 
  25. ^ 文化庁国語課 『文化庁国語課の勘違いしやすい日本語』 幻冬舎、2015年、136-137頁。ISBN 9784344978485 
  26. ^ 北原保雄 『問題な日本語』 大修館書店、2004年、18頁。ISBN 4469221686 


「日本語の乱れ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本語の乱れ」の関連用語

日本語の乱れのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

セイヨウハバノリ

スイート・オール

ヤマセミ

特務艇「はしだて」型

リュウノウギク

リサイクル・マーク

ステージボール

呼吸保護具





日本語の乱れのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本語の乱れ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS