二宮和也とは?

二宮和也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/17 11:11 UTC 版)

二宮和也(にのみや かずなり[3]1983年6月17日[3] - )は、日本の歌手俳優タレントで、男性アイドルグループのメンバー[3]。愛称は「ニノ」[5]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 新エンディングテーマとなった「ナイスな心意気」の紹介として本編前に少しだけ登場。

出典

  1. ^ a b 二宮和也 TOWER RECORDS ONLINE 2014年12月28日閲覧
  2. ^ Profile-Johnny's web”. Johnny's web. 2017年5月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 二宮和也のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2014年6月5日閲覧。
  4. ^ a b Johnny's net > ARASHI > Profile”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2014年6月5日閲覧。
  5. ^ この愛称を見出しに用いた報道として、“ニノも来た! V6が10年ぶり横アリ!”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年10月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20111010-848003.html 2012年11月4日閲覧。 
  6. ^ a b 二宮和也のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2012年11月4日閲覧。
  7. ^ 「バカヤロー!」蜷川監督の声がこだまする!? 映画「青の炎」の撮影現場が公開!”. 東宝 映画トピックス (2002年6月28日). 2012年6月28日閲覧。
  8. ^ 日刊スポーツ芸能ニュース「米紙が嵐二宮の演技を絶賛」(2007年1月30日)
  9. ^ “橋田賞授賞式 二宮和也爆笑コメント”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2007年4月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/archive/2007archive/KFullNormal20070403034.html 2012年11月4日閲覧。 
  10. ^ “芸術祭賞、大賞に石川さゆりさんら選ばれる”. asahi.com (朝日新聞社). (2007年12月21日). http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200712210295.html 2012年11月4日閲覧。 
  11. ^ 平成19年度(第62回)文化庁芸術祭賞受賞一覧(参加作品) (PDF)”. 文化庁. 2012年11月4日閲覧。
  12. ^ TBS 感動ドラマ特別企画『DOOR TO DOOR〜僕は脳性まひのトップセールスマン』”. TBS. 2012年11月4日閲覧。
  13. ^ 49th Monte-Carlo Television Festival
  14. ^ Japanese actors who can actually act CNNGo.com
  15. ^ “二宮和也にギャラクシー賞、群抜く感性”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2009年4月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20090429-488440.html 2012年11月4日閲覧。 
  16. ^ 「東京ドラマアウォード 2011」受賞作品および受賞者発表 (PDF)”. 国際ドラマフェスティバル in TOKYO (2011年10月1日). 2012年11月4日閲覧。
  17. ^ “嵐・二宮、金髪で熱演「初めてのことばかり」”. SANSPO.COM. (2012年5月22日). オリジナル2012年5月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120527101753/http://www.sanspo.com/geino/news/20120522/joh12052205050000-n1.html 2012年6月16日閲覧。 
  18. ^ 「デビルニノ」は50.92平方メートルにポッキー130万7208本(4万8123箱分)を敷き詰めて作ったモザイクアート。ギネス認定に嵐・二宮感謝「感動ですよね」サンケイスポーツ 2012年11月1日
  19. ^ 『暗殺教室』殺せんせーの正体は嵐・二宮和也!9年ぶり声優挑戦!(シネマトゥデイ、2015年3月21日)2015年3月21日閲覧
  20. ^ キムタク、二宮 ガチ対決 来年公開主演映画「検察側の罪人」で”. 東京中日スポーツ (2017年5月3日). 2017年5月4日閲覧。
  21. ^ 『硫黄島からの手紙』初回限定版特典DVD収録、イーストウッドのインタビュー・2006年11月17日大阪での記者会見より。
  22. ^ 日刊スポーツ芸能ニュース「米紙が嵐二宮の演技を絶賛」(2007年1月30日)
  23. ^ Japanese actors who can actually act”. CNN Travel. CNN (2010年3月25日). 2016年6月27日閲覧。
  24. ^ 本職はあくまでもアイドル 映画「大奥」主演の二宮和也『朝日新聞』2010年10月8日
  25. ^ a b 真紀和泉 (2012年4月15日). “【エンタがビタミン♪】「知らないほうが良かった」。ゲーマー二宮和也の私生活に嵐メンバーがドン引き。”. Techinsight Japan. メディアプロダクツジャパン. 2014年2月5日閲覧。
  26. ^ 嵐・二宮和也も注目、ニコ動が輩出した若きピアニスト「まらしぃ」の原点(2014年12月7日、ニコニコニュース)2014年12月18日閲覧。
  27. ^ 作品データベース検索サービス”. JASRAC. 2012年11月4日閲覧。
  28. ^ 8月9日は、「ハンバーグの日」!ハンバーグの消費拡大・文化普及に大きく貢献した人物、「ベストハンバーグ侍・小町2015」を発表!”. 一般社団法人日本ハンバーグ協会 (2015年8月5日). 2015年8月4日閲覧。
  29. ^ 【日本アカデミー賞】二宮和也が最優秀主演男優賞 初の栄冠に「現実味ない」”. ORICON STYLE. 2016年3月5日閲覧。
  30. ^ 「オリエント急行殺人事件」で豪華出演者 - 芸能ニュース”. nikkansports.com (2014年9月14日). 2015年8月4日閲覧。
  31. ^ 二宮和也、ビートたけしと初共演で“師弟”関係に! 立川談志描く「赤めだか」”. シネマカフェ (2015年1月22日). 2015年8月4日閲覧。
  32. ^ 二宮和也で“坊っちゃん”!多くの名優演じたヤンチャ教師が蘇る”. SANSPO.COM (2015年8月4日). 2015年8月4日閲覧。
  33. ^ “嵐・二宮和也、滝田洋二郎監督と初タッグ 秋元康氏企画映画で天才料理人役”. ORICON STYLE. (2016年7月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2075295/full/ 2016年7月19日閲覧。 
  34. ^ 映画「暗殺教室」が紙兎ロペとコラボ、山田涼介と二宮和也も出演で明日放送”. 2016年8月6日閲覧。
  35. ^ “嵐・二宮和也が初の冠番組! 単独司会も初「すごくうれしい」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2013年2月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/02/21/kiji/K20130221005242210.html 2013年4月4日閲覧。 
  36. ^ 二宮和也、NGなしで満足げ「いいCMだ」”. ORICON (2015年8月17日). 2015年8月17日閲覧。


「二宮和也」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「二宮和也」の関連用語

二宮和也のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

枠

田中千智

ゾーニング

シマアジ

酪農教育ファーム

オオホウライタケ

加賀二俣和紙

R 1200 R





二宮和也のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの二宮和也 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS