デスクトップヒープとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > コンピュータ > ソフトウェア > Windows NT系 > デスクトップヒープの意味・解説 

デスクトップヒープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/11/10 06:02 UTC 版)

デスクトップヒープとはWindows NT系において、画面部品のデータを管理するメモリ領域のことである。デスクトップアプリケーションヒープとも呼ばれる。Windows 9x系ではシステムリソースと呼ばれた。システムリソースと違い、レジストリを書き換えることで領域の容量を変更することが出来る。


[ヘルプ]
  1. ^ Justice, Matthew (2007年7月5日). “Desktop Heap, part 2” (英語). Ntdebugging Blog. 2009年5月9日閲覧。


「デスクトップヒープ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「デスクトップヒープ」の関連用語

デスクトップヒープのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

緊急炉心冷却装置

清水川第一堰堤

パリーオオクワガタ

道路橋床版防水工法

軌道用マルチプルタイタンパー

びなす

ねじ歯車

マルコーニ





デスクトップヒープのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデスクトップヒープ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS