チェ (映画)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > チェ (映画)の意味・解説 

チェ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/20 13:02 UTC 版)

チェ』(Che)は、革命家チェ・ゲバラの半生を描いた、2008年アメリカフランススペインの合作伝記映画




  1. ^ “パルム・ドール決定!受賞結果に記者から不満の声も!【第61回カンヌ国際映画祭】”. (2008年5月26日). http://cinematoday.jp/page/N0013968 2008年11月25日閲覧。 
  2. ^ “スペイン版アカデミー賞「ゴヤ賞」、男優賞は『チェ』のデル・トロ”. (2009年2月2日). http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2566712/3748188 2009年2月2日閲覧。 
  3. ^ “The Big Preview”. エンパイア(雑誌): pp. 104. (2008年8月) 
  4. ^ 『SPA!』2009年1月7日号掲載インタビュー『ゲバラを撮ることで、僕らも成長した。ソダーバーグ&デルトロ インタビュー』より
  5. ^ 'Che' Lives Backstage, November 19 2008
  6. ^ a b “チェ・ゲバラを演じたベニチオ・デル・トロ、カストロとも面会したと激白【第52回ロンドン映画祭】”. (2008年10月27日). http://cinematoday.jp/page/N0015742 2008年11月25日閲覧。 
  7. ^ a b c Che. Festival de Cannes program. (2008年). http://www.festival-cannes.fr/assets/Image/Direct/025104.pdf 2008年9月6日閲覧。 
  8. ^ “スティーヴン・ソダーバーグ、チェ・ゲバラの伝記映画の撮影を来年から開始”. (2006年11月6日). http://cinematoday.jp/page/N0009368 2008年11月25日閲覧。 
  9. ^ “25キロもの激ヤセ!チェ・ゲバラが乗り移った?命がけのデル・トロ”. (2008年10月9日). http://cinematoday.jp/page/N0015509 2008年11月25日閲覧。 
  10. ^ カストロは、革命の初期には社会主義者ではなかった。ピッグス湾事件を参照のこと。
  11. ^ 1959年にゲバラはアルゼンチンのイルダ・ガデアと離婚し、アレイダ・マルチ・デ・ラ・トーレと再婚した。
  12. ^ 1959年に再婚したゲバラは、アレイダ・マルチ・デ・ラ・トーレとの間に4児を儲けた。
  13. ^ “A Cannes of worms for indie films”. (2008年7月31日). http://www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/news/e3i9603a54f631ae7b033f83a4a62257dfe?pn=1 2008年7月31日閲覧。 
  14. ^ “チェ・ゲバラを描いたソダーバーグの新作は4時間28分の超大作!【第46回ニューヨーク映画祭】”. (2008年9月30日). http://cinematoday.jp/page/N0015401 2008年11月25日閲覧。 
  15. ^ “Toronto fest adds 20 films to lineup”. バラエティ(雑誌). (2008年8月13日). http://www.variety.com/index.asp?layout=festivals&jump=story&id=1061&articleid=VR1117990479 2008年8月14日閲覧。 
  16. ^ “Soderbergh takes a revolutionary approach to Che. ロサンゼルスタイムス. (2008年10月13日). http://theenvelope.latimes.com/la-et-che1-2008nov01,0,161535.story 2008年11月2日閲覧。 
  17. ^ Benicio del Toro presents Soderbergh’s Che - DIGITAL Granma International (December 6, 2008 at the first Havana premiere of Che at the Yara Theater)
  18. ^ 「チェ・ゲバラ描いたソダーバーグ監督の映画、キューバで絶賛」[1](CNN.co.jp 2008年12月13日)
  19. ^ ブレヒトの戯曲『ガリレオ・ガリレイの生涯』に出て来る台詞にちなむ。原文は“ゲバラ”ではなく“英雄”


「チェ (映画)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

チェ (映画)に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「チェ (映画)」の関連用語

チェ (映画)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

クルーガーV

FOMA SH706iw

おれんじHOPE

水琴亭の水琴窟

カイマントカゲ

梅護寺数珠掛桜

セメント・ボンド検層

オガサワラヒメホンヤドカリ





チェ (映画)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチェ (映画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS