オリンピズムとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > オリンピズムの意味・解説 

オリンピズム

英語:Olympism

オリンピック精神」という意味で提唱されている言葉オリンピック憲章においてまとめられた理念哲学総称で、努力することの喜び心技体調和フェアプレー精神などに関して言及されている。

オリンピズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/03/02 12:24 UTC 版)

オリンピズム(英: Olympism)とは近代オリンピックの父であるピエール・ド・クーベルタン(Pierre de Frédy, baron de Coubertin)によって提唱された、普遍的な社会哲学である。広義に世界の発展、国際理解、平和に共存することであり、社会や倫理教育の場でスポーツの役割を強調するものである。彼自身がオリンピズムを普遍的な哲学と表すように、対象は優秀な選手のみならず、誰にでも当てはまる。




「オリンピズム」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

オリンピズムに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「オリンピズム」の関連用語

オリンピズムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




オリンピズムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2014 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオリンピズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS