ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 症候群 > ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群の意味・解説 

ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/27 23:41 UTC 版)

ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群英語: Wolff-Parkinson-White syndrome、WPW症候群)とは、上室性の頻脈性不整脈の一つ。心臓自体には器質的疾患がないにもかかわらず特有の心電図所見を示し、しばしば偽性心頻拍を起こし[1]、またこれらの心電図異常が突然正常化する例が1915年頃から存在が知られ始め、1930年に多くの症例(12例)についての詳しい報告がなされた。症例を研究・発表したルイス・ウォルフ英語版ジョン・パーキンソン英語版ポール・ダドリー・ホワイト英語版の3人の名前から症状が名付けられたのが意味






「ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群」の関連用語

ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

佐波川

洗桶

淀川河川敷のマツムシ

アンコウ

特殊災害対策車

阿蘇くじゅう国立公園

ティッシュ箱包み

KTM 125 SX





ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS