ぶったて当金とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > ぶったて当金の意味・解説 

ぶったて当金

ぶったて当金
ぶったて当金
木台に掛失で打ち立て使用するためこう呼ばれています。
底の深さが浅いものや成形初期の浅い形のうちに使い多く絞り仕事成形初期から半球ぐらいまでに使われます。






ぶったて当金と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

ぶったて当金のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

金鎚

底打ち当金

小物用

福鎚

アンビル

いも鎚

しめ鎚

木槌





ぶったて当金のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
東京藝術大学 鍛金研究室東京藝術大学 鍛金研究室
Copyright (C) 2017 東京藝術大学 美術学部 工芸科 鍛金研究室 All rights reserved.

©2017 Weblio RSS