ぬかだろっぷくとは?

Weblio 辞書 > 人名 > 美術人名辞典 > ぬかだろっぷくの意味・解説 

額田六福

読み方:ぬかだ ろっぷく

大正昭和期劇作家岡山県の人。明治4年処女作踏絵』を書き翌年岡本綺堂門に入る。『出陣』が新演芸懸賞脚本当選し、翌年歌舞伎上演され劇作家としての地位確立した。代表作に『真如』『天一坊』等があり『毒鼓』『風流一代男』等の大衆小説もある。綺堂歿後雑誌舞台』を主宰して後進指導につとめた。昭和23年(1948)歿、59才。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ぬかだろっぷくに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

ぬかだろっぷくのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シリキルリスズメダイ

ヤエムグラ

東山和紙

ウソ

バチカン市国

ヒノキ

タロン

BMW Z4 クーペ





ぬかだろっぷくのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2017 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

©2017 Weblio RSS