風流とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > 風流 > 風流の意味・解説 

ふう りゅう -りう [1] 【風流】

( 名 ・形動[文] ナリ
古くは「ふりゅう」とも〕
おちついた優雅な趣のあること。みやびやかなこと。また,そのさま。風雅。 「 -な茶室
詩歌書画など,俗を離れた趣のあるもの。 「 -の道」 「 -を解する
美しく飾ること。意匠をこらすこと。また,その物。 「 -の破子(わりご)やうのもの,ねんごろ営み出でて/徒然 54
芸能の一。 → ふりゅう(風流)
風流韻事」の略。 「 -の初めやおくの田植うた/奥の細道
先人が残した美風・なごり。遺風。 「古きを学び新しきを賞する中にも全く-を邪よこしまにする事なかれ風姿花伝
派生 -さ ( 名 )

ふ りゅう -りう [1] 【風流】

ふうりゅう(風流) 」に同じ。
平安末期から中世にかけて流行した芸能祭礼などの際に行われる華やか衣装群舞や邌(ね)り物をいう。
延年舞演目唐土故事題材とし,大風流・小風流に分かれる舞台には美し作り物が出され,登場人物問答行い歌舞で終わる。
能楽で,特殊演式の際に式三番(翁)に加わる演目鶴亀福神などが舞台現れて,祝賀の舞を舞う。狂言方が演じる。狂言風流。
(「浮立」とも書く)民俗芸能群舞念仏踊り盆踊り太鼓踊り・鹿踊り獅子踊り邌り物など,全国的行われ種類も多い。


風流(ふりゅう)

日本芸能史、盆踊り史のキー概念

「風流」は非常に古い言葉で、時代追って意味が少しづつずれていく。
平安時代は 貴族階級美意識を表すものであった。中世は「人目を引く趣向」といった意味になり、「1回切りの趣向」が重視された。しかし江戸時代を境に1回性の趣向は失われ、芸態は定着していく。

中世における代表的な風流芸能である「風流踊り」は、現在の盆踊り初期形態一つである。


風流拍子物(ふりゅうはやしもの)


風流

読み方:ふうりゅう

  1. 凧(いかのぼり)のこと。九州辺の方言
  2. 凧のこと。〔九州地方方言

分類 九州地方方言九州

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

風流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/05 14:07 UTC 版)

風流(ふりゅう)とは、中世以後の日本において高揚した美意識の1つ。人目を驚かすために華美な趣向を凝らした意匠を指し、婆娑羅数寄とともに侘び・寂びと対峙する存在として認識された。後にはこうした意匠に沿った芸能美術建築などにも用いられた。なお、室町時代漢和辞典である『下学集』には「風流の義也。日本の俗、拍子物を呼びて風流と曰ふ」とある。




「風流」の続きの解説一覧





風流と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

風流に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「風流」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||


8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

風流のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

男ようぞめ

シロバナムシヨケギク

伊豆大島

噴火口

W61H

寒山竹

坪内逍遥

アオジ





風流のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
湘南盆踊り研究会湘南盆踊り研究会
Copyright (c)2016 bonodori.net
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの風流 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS