「鹿苑院」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/163件中)

読み方:インリョウケン(inryouken)京都五山の一つである相国寺山内の塔頭鹿苑院の南坊にあった寮舎。
読み方:インリョウケン(inryouken)京都五山の一つである相国寺山内の塔頭鹿苑院の南坊にあった寮舎。
ナビゲーションに移動 検索に移動 鹿苑院(ろくおんいん)は、かつて臨済宗相国寺派大本山相国寺(京都府京都市上京区)にあった塔頭。また、室町幕府第3代将軍足利義満の院号でもある。歴史足利義満は、永徳2年...
読み方:けいじょしゅうりん室町後期の臨済宗の僧。相国寺八十二世。五山文学僧。景徐は道号、周麟は諱、号に宜竹・半隠等。用堂中材の法を嗣ぐ。相国寺、鹿苑院に歴住し、晩年は相国寺の慈照院に閑居する。永正15...
読み方:けいじょしゅうりん室町後期の臨済宗の僧。相国寺八十二世。五山文学僧。景徐は道号、周麟は諱、号に宜竹・半隠等。用堂中材の法を嗣ぐ。相国寺、鹿苑院に歴住し、晩年は相国寺の慈照院に閑居する。永正15...
ショウダともいう。織豊時代の臨済宗僧。京都の人。字は西笑、号は月浦・南陽。相国寺・南禅寺住職。一五八五(天正一三)年鹿苑院に移り天下僧録となり臨済五山派を総管。秀吉に重用され方広寺大仏供養導師。また家...
ショウダともいう。織豊時代の臨済宗僧。京都の人。字は西笑、号は月浦・南陽。相国寺・南禅寺住職。一五八五(天正一三)年鹿苑院に移り天下僧録となり臨済五山派を総管。秀吉に重用され方広寺大仏供養導師。また家...
function mfTempOpenSection(id){var block=document.getElementById("mf-section-"+id);block.className+=...
読み方:おうせん けいさん室町後期・戦国時代の臨済宗の僧。南禅寺239世。相国寺79世。播磨生。横川は道号、景三は法諱、別号に小補・補庵・金華等。初め相国寺常徳院英叟に就き、安国寺竜淵本珠、曇仲道芳に...
読み方:おうせん けいさん室町後期・戦国時代の臨済宗の僧。南禅寺239世。相国寺79世。播磨生。横川は道号、景三は法諱、別号に小補・補庵・金華等。初め相国寺常徳院英叟に就き、安国寺竜淵本珠、曇仲道芳に...
< 前の結果 | 次の結果 >





カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

©2020 Weblio RSS