「紀州藩」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/2799件中)

読み方:ワカヤマハン(wakayamahan)紀伊名草郡和歌山の藩名。別名 紀伊藩、紀州藩...
読み方:ワカヤマハン(wakayamahan)紀伊名草郡和歌山の藩名。別名 紀伊藩、紀州藩...
紀州五十五万石は紀州藩の石高である55万石を表したもの。 - 紀州藩を参照。1.に由来する麻雀のローカル役。 - 百万石 (麻雀)を参照。このページは曖昧さ回避のためのページです。一つの語句が複数の意...
読み方:かだの たみこ江戸後期の歌人。荷田春満の弟高惟の娘。京都生。幼名ふり・楓里。夫と死別後、紀州藩に仕え、後江戸に住む。歌名は高く、諸侯に招かれる。著書に『杉のしづ枝』がある。天明6年(1786)...
読み方:かだの たみこ江戸後期の歌人。荷田春満の弟高惟の娘。京都生。幼名ふり・楓里。夫と死別後、紀州藩に仕え、後江戸に住む。歌名は高く、諸侯に招かれる。著書に『杉のしづ枝』がある。天明6年(1786)...
読み方:のぎわ はくせつ江戸後期の南画家。紀伊生。諱は葵徴、字は白亀、別号に石湖。野呂介石に南画を学び山水を能くし、墨梅にも優れた。のちに紀州藩の御用絵師となる。嘉永2年(1849)歿、77才。
読み方:のぎわ はくせつ江戸後期の南画家。紀伊生。諱は葵徴、字は白亀、別号に石湖。野呂介石に南画を学び山水を能くし、墨梅にも優れた。のちに紀州藩の御用絵師となる。嘉永2年(1849)歿、77才。
塩路 嘉一郎生誕紀伊国和歌山城下所属組織紀州藩軍歴1870年 - 1872年最終階級紀州藩戊営副都督和歌山藩権大参事除隊後兵部省元老院テンプレートを表示塩路 嘉一郎(しおじ かいちろう、生没年不詳[1...
塩路 嘉一郎生誕紀伊国和歌山城下所属組織紀州藩軍歴1870年 - 1872年最終階級紀州藩戊営副都督和歌山藩権大参事除隊後兵部省元老院テンプレートを表示塩路 嘉一郎(しおじ かいちろう、生没年不詳[1...
明光丸経歴運用者紀州藩起工文久元年(1861年) イギリス就役元治元年(1864年)10月 購入要目種別鉄製内輪式蒸気船排水量887t全長42間(約76.36m)全幅6間(約11m)吃水平均3.5間(...
< 前の結果 | 次の結果 >





紀州藩に関連した本


カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

©2019 Weblio RSS