print_r()とは?

print_r

(PHP 4, PHP 5)
print_r — 指定した変数に関する情報を解りやすく出力する

説明

bool print_r ( mixed expression [, bool return] )
注意: return 引数が PHP 4.3.0 以降追加されました。
print_r() は、解り易い形式で変数の値に関する 情報を表示します。stringinteger, float を指定した場合はその値が出力されます。 array を指定した場合、キーと要素を表す形式で値が 表示されます。object に関しても同様の表示形式となります。 print_r()var_dump() および var_export() は、PHP 5 においてオブジェクトの protected および private のプロパティも表示します。
print_r() は、配列ポインタを終端まで移動する ことに注意してください。ポインタを最初に戻すために reset() を使用してください。
<pre>
<?php
   $a = array ('a' => 'apple', 'b' => 'banana', 'c' => array ('x', 'y', 'z'));
   print_r ($a);
?>
</pre>
上の例の出力は以下となります。

<pre>
Array
(
    [a] => apple
    [b] => banana
    [c] => Array
        (
            [0] => x
            [1] => y
            [2] => z
        )
)
</pre>

      

print_r() の結果を取得したい場合には return 引数を試用してください。 print_r() はデフォルトでは結果を直接表示してしまいますが この引数が TRUE の場合には結果を戻します。
注意: この関数は、 このパラメータに対して内部的に出力バッファリングを使用しています。 そのため、ob_start() コールバック関数の中で使用することはできません。
例 2414. return 引数の例
<?php
   $b = array ('m' => 'monkey', 'foo' => 'bar', 'x' => array ('x', 'y', 'z'));
   $results = print_r($b, true); //$results now contains output from print_r
?>


注意: PHP4.3.0 より前のバージョンを使っている場合で print_r() の結果を取得したい場合には、 出力制御関数を使用してください。
注意: PHP 4.0.4 より前のバージョンでは、自分自身への直接または間接の 参照を含む array または object が指定された 場合には、無限に print_r() が実行されてしまいました。 print_r($GLOBALS) が例で、 $GLOBALS はそれ自体自分自身への参照を有する グローバル変数です。
ob_start()、var_dump()var_export() も参照ください。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「print_r()」の関連用語

print_r()のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



print_r()のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
PHP Documentation GroupPHP Documentation Group
Copyright © 1997 - 2020 by the PHP Documentation Group.

©2020 Weblio RSS