頻にとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 副詞 > 副詞(程度) > 頻にの意味・解説 

しき‐に【頻に】

[副]しきりに。

「果たせずこれを𠮟る。その申し様、—腹がいたい」〈咄・醒睡笑・一〉


しき‐に【頻━】

〔副〕 何度も何度も。しきりに。

万葉(8C後)三・四〇九「一日(ひとひ)には千重浪(ちへなみ)敷爾(しきニ)思へどもなぞその玉の手に巻きがたき」

咄本醒睡笑(1628)一「果せずこれを叱る。その申様しきに腹がいたい

[補注]奈良時代の「しきに」は、動詞「しく(頻)」から派生したものであり、近世の「しきに」は、「しきりに」の形が固定したあとで、それから変したもの




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「頻に」の関連用語

頻にのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



頻にのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS