気がふれるとは?

き【気】 が 触(ふ)れる

精神状態が普通でなくなる。

咄本軽口へそ順礼(1746)五「とかくぶらぶらわづらひ、きのふれたるやまひにて、くすりをきらひ」

心が動く気の迷いが起こる。

浄瑠璃冥途の飛脚(1711頃)中「さもしい金に気がふれたみせ女郎あさましさ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「気がふれる」の関連用語

気がふれるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



気がふれるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS