二酸化塩素発生装置とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 製造業技術用語 > 二酸化塩素発生装置の意味・解説 

二酸化塩素発生装置

読み方ニサンカエンソハッセイソウチ
【英】:chlorine dioxide generator

二酸化塩素発生装置とは、殺菌作用がある二酸化塩素断続的に発生させる装置のこと。発生方式は、塩酸亜塩素酸ソーダ混合する2液タイプなどがある。製紙工程での紙の漂白などに使われてきたが、トリハロメタンなどの2次生成指摘された塩素による水の殺菌代わり、二酸化塩素発生装置を用いて水の殺菌や、食品飲料容器洗浄行われるようになった
新型インフルエンザ対策としても注目を浴び、低濃度ガス発生させ、空調経路通じてビル全体空気殺菌するといった応用もできる。
■ 関連技術




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

二酸化塩素発生装置のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

長良川

シャカシメジ

レンゲウミウシ

ザック

アブシンベル神殿

日野スカニアトラクター

アオダモ

高野山奥之院の杉と線香





二酸化塩素発生装置のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
イプロスイプロス
COPYRIGHT © 2001-2018 IPROS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED
モノシリ

©2018 Weblio RSS