ダフト・パンク エレクトロマとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > ダフト・パンク エレクトロマの意味・解説 

ダフト・パンク エレクトロマ

原題:DAFT PUNK'S ELECTROMA
製作国:イギリス
製作年:2006
配給:エイベックス・エンタテインメントロングライド
スタッフ
監督:Thomas Bangalter トマ・バンガルテル

Guy-Manuel 
プロデューサー:Paul Hahn 
アソシエイト・プロデューサー:Tony Gardner トニー・ガードナー
脚本:Paul Hahn 

Cedric Hervet セドリック・エルヴェ

Thomas Bangalter トマ・バンガルテル

Guy-Manuel 
キャラクター・デザイン:Lisa Marie Harris 

Alex アレックス

Martin 

Hedi Slimane 
特殊メイク:Tony Gardner トニー・ガードナー
音楽:Todd Rundgren トッド・ラングレン

Brian Eno ブライアン・イーノ

Curtis Mayfield カーティス・メイフィールド
音楽監修:Steven Baker 
プロダクション・デザイン:Stephen Sinclair スティーブン・シンクレア
編集:Cedric Hervet セドリック・エルヴェ
録音:D.M.Hemphill 

Gus Koven 
キャスト(役名
Peter Hurteau  (ピーター・ハートゥ)
Michael Reich  (マイケル・ライヒ)
解説
人間になることを願う二体のロボットの旅を描いたSFロード・ムービー監督は、トーマ・バンガルテルとギ=マニュエルからなるフランス人気テクノ・ユニット、ダフト・パンク出演は彼らのプロダクション、ダフト・アーツのアシスタントであるピーター・ハートゥ、マイケル・ライヒ。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
自動車乗り込んだロボットシルバー(ピーター・ハートゥ)とゴールド(マイケル・ライヒ)が、ハイウェイから小さな田舎町に入っていく。彼らは平和な光景通り過ぎ町外れある研究所のような空間訪れる。最先端機器科学者に身を預け、まもなく彼らの記憶の中人間の姿になって出てくる。彼らは町まで歩いて戻るが、施術を受けた人間の姿は砂漠の熱ですぐに形が崩れ始め、醜く変形する。その姿は町の住人たちの注意を引き、ソフトクリームを舐めていた子供は、それと同じように溶けて崩壊していく彼らの顔を見て、思わずコーン落としてしまった。まるで恐ろしいことでもやらかしてしまったように、町の住人たちに追いかけられるままに砂漠へ逃れた彼らは、ガソリン・スタンドトイレの鏡を見て自分たちの人間でもロボットでもない中途半端な姿を目にする落胆した彼らは、寂しげ夕景舞い降りる大地彷徨い始める。人間になることができないと悟った彼らには、もはや目的と呼べるものはなかった。やがて彼らは砂丘の中、順番に息絶えていくのだった



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ダフト・パンク エレクトロマ」の関連用語

ダフト・パンク エレクトロマのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ダフト・パンク エレクトロマのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2021 GRAS Group, Inc.RSS