日立化成 日立化成の概要

日立化成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/09 00:52 UTC 版)

日立化成株式会社
Hitachi Chemical Company, Ltd.
Hitachi logo.svg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 4217 1970年10月上場
大証1部(廃止) 4217 1970年10月上場
本社所在地 日本の旗 日本
163-0449
東京都千代田区丸の内一丁目9番2号
グラントウキョウサウスタワー
設立 1962年10月10日
業種 化学
事業内容 エレクトロニクス関連製品(半導体材料、液晶ディスプレイ用材料、電子材料、電子部品ほか)、機能性材料関連製品(リチウムイオン二次電池用負極材、樹脂モジュール部品、診断薬ほか)、などの製造・販売
代表者 丸山寿(執行役社長)
資本金 154億54百万円(2016年3月末)
売上高 連結5,355億円、単独3,081億円
(2015年3月期)
純利益 連結211億円、単独247億円
(2015年3月期)
純資産 連結3,718億円、単独2,513億円
(2015年3月末)
総資産 連結5,550億円、単独3,349億円
(2015年3月末)
従業員数 連結19,117人、単独6,209人
(2016年3月末)
決算期 3月末
主要株主 日立製作所 51.21%
(2016年3月末)
主要子会社 日立化成エレクトロニクス
外部リンク http://www.hitachi-chem.co.jp/
テンプレートを表示

概要

日立化成エレクトロニクスなどを含む約60社、人員17,000人以上を擁する日立化成グループを独自に形成している。日立グループの中でも、自主独立して事業運営されており社長も生え抜きである。また、利益の面でも日立グループを牽引しており、日本経済新聞社発表の「優れた会社ランキング」において、毎年、上位(2005年、2006年は日立グループでトップ)にランクインしている。一部上場。委員会設置会社。

三水会の会員企業であり三和グループに属している[1]。なお日立グループで三水会の会員企業である日立製作所日立金属みどり会の会員企業でもあるが[2]、日立化成はみどり会には加盟していない。

沿革

主要製品

  • 半導体用材料
  • ディスプレイ・光学関連材料
  • 配線板用基板材料
  • プリント配線版
  • 配線板用プロセス材料
  • リチウムイオン電池用負極材料
  • 機能性樹脂・材料
  • 成形用樹脂・材料
  • 医薬品・ライフサイエンス関連製品
  • カーボン・セラミックス
  • 機能性フィルム
  • 自動車関連製品
  • 蓄電デバイス・システム





「日立化成」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日立化成」の関連用語

日立化成のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

那智海水浴場

むく板

アンピールライン

ED141

ボール紙

カンマストローク

ボンボン

コーヒークーポン





日立化成のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日立化成 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS