SO-01Fとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > SO-01Fの意味・解説 

SO-01F

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/01 09:17 UTC 版)

ドコモ スマートフォン Xperia Z1 SO-01F(ドコモ スマートフォン エクスペリア ゼットワン エスオー ゼロイチエフ)は、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のNTTドコモ向けスマートフォン。ドコモの第3.9世代移動通信システムXi)と第3世代移動通信システムFOMA)とのデュアルモード端末である。ドコモ スマートフォン(第2期)のひとつ。




  1. ^ Android 4.4アップデート適用後。Android 4.2では64GBまで。
  2. ^ 対応プロファイル:HFP、HSP、OPP、SPP、HID、A2DP/aptX/SBC、AVRCP、PBAP、PAN/PAN-NAP/PANU、HDP、PXP、MAP
  3. ^ 対応アプリはGoogle Playにてダウンロード可能。
  4. ^ シリーズ全体としてはタブレットのXperia Tablet Z SO-03Eが初だが、アップデートを行う事によりフルセグ受信に対応する。
  5. ^ グローバル版も同様であるが、au向けのSOL23や兄弟機種でもあるSO-02Fは、標準ブラウザがプリインストールされている。
  6. ^ 受信時:150Mbps/送信時:50Mbps
  7. ^ 受信時:14Mbps/送信時:5.7Mbps
  8. ^ 連続視聴時間:約300分
  9. ^ 連続視聴時間:約210分
  10. ^ 連続視聴時間:約350分
  11. ^ ソニーモバイル、世界市場向けにXperia™ Z1を発表 日本市場にも導入予定 ニュース&トピックス | 会社情報 | ソニーモバイルコミュニケーションズ
  12. ^ 報道発表資料 : 2013-2014冬春モデルの3機種を発売 -「ドコモ スマートフォン ARROWS NX F-01F」「ドコモ スマートフォン XperiaTM Z1 SO-01F」「ドコモ ケータイ P-01F」- | NTTドコモ
  13. ^ a b c d XPERIA Z1 SO-01Fの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ
  14. ^ 「ドコモ電話帳」「iコンシェル」「データ保管BOX」「ケータイデータお預かりサービス」「ドコモクラウド設定」「docomo Application Manager」は、機能バージョンアップと同時に更新される。「ドコモメール」「iチャネル」「フォトコレクション」「メール翻訳コンシェル」「i Bodymo」「ビジネスmopera あんしんマネージャー」「ショッぷらっと」については、バージョンアップ後、最新版にアップデートする必要がある。
  15. ^ バージョンアップ後は、対応サービスアプリをWi-Fi経由でご利用するためにdocomo IDを設定する必要がある。またWi-Fiオプションパスワードを利用されていた方もdocomo IDを改めて設定する必要がある。
  16. ^ Xperia™ Z1 SO-01F[Android 4.4 OSバージョンアップ] ソニーモバイルコミュニケーションズ






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

SO-01Fに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「SO-01F」の関連用語



3
30% |||||

4
30% |||||

5
30% |||||

6
30% |||||

7
30% |||||

8
18% |||||

9
18% |||||

10
18% |||||

SO-01Fのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

docomo SMART series N-04A

勝安芳

おれんじHOPE

下顎骨

ジャンボシンク

広東鍋

ガマ

特殊救急車





SO-01Fのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSO-01F (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS