DVD9とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > DVD9の意味・解説 

DVD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/01 05:07 UTC 版)

(DVD9 から転送)

DVD(ディーブイディー)とは、デジタルデータの記録媒体である第2世代光ディスクの一種である。




  1. ^ [1](パナソニックホームページ「DVD技術解説」)
  2. ^ DVD Forum Official Website(英語)
  3. ^ 粗悪な記録型DVDメディアが、なぜ“怖い”のか
  4. ^ the DVD Forum (2004年11月14日). “DVD Primer”. the DVD Forum. 2012年3月26日閲覧。
  5. ^ DVD:ビジネス用語辞典 | Wisdom”. NEC Corporation (2005年12月1日). 2013年11月10日閲覧。
  6. ^ DVDは、デジタルビデオディスクではありません[リンク切れ]
  7. ^ DVDってどういう意味
  8. ^ DVD Format/Logo License Corporation
  9. ^ 日本ビクター、世界初の片面2層DVD-RWディスク技術Impress PC Watch 2005年4月4日)
  10. ^ 日本ビクター、容量8.5GBのDVD-RW DLメディア(Impress PC Watch 2007年7月3日)
  11. ^ ビクター、DVD-RW DLメディアの発売計画を凍結(Impress PC Watch 2008年3月10日)
  12. ^ [2]
  13. ^ DVD-R/RWはもっと便利に : パイオニア All About DVD-R/RW
  14. ^ パナソニックのDVD-RAM関連特許ライセンス回避の目的もある
  15. ^ 日本のソニー、ヨーロッパのフィリップス、アメリカのヒューレット・パッカードの3社
  16. ^ 2009年1月現在までサイバーリンク・トランスデジタルのDigiOnブランドから発売されていたDVDオーディオ作成用オーサリングソフトの「DigiOn DVD Audio」がこれに該当していた。現在は販売終了。
  17. ^ なお2008年以降に開発および発売された海外ブランドを除く製品ではパイオニア製の単品ユニバーサルDVDプレーヤーのDV-610AVと同パイオニア製のユニバーサルDVDプレーヤー内蔵DVD5.1chサラウンドホームシアターシステムのHTZ-LX61DV(いずれも2013年現在、販売終了)、同パイオニア製の単品ユニバーサルBDプレーヤーのBDP-440(2013年現在、販売終了)およびBDP-450BDP-LX55デノン製の単品ユニバーサルBDプレーヤーのDVD-A1UDおよびDBP-4010UDDBP-1611UDマランツ製の単品ユニバーサルBDプレーヤーのUD-9004およびUD-8004UD-7006などがこれに該当している。
  18. ^ 例 : サイバーリンク社製の「PowerDVD 8 ULTRA」および「PowerDVD 8 DELUXE」等。現在絶版。
  19. ^ 第3世代光ディスクへの記録アプリケーションフォーマットやハイビジョンレコーダーに搭載のHDD録画のフォーマットに一部応用利用されている。
  20. ^ 第3世代光ディスクの市販ソフトがDVDフォーマットの映像も同一ディスクに収録できるのはこのため。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

DVD9に関連した本

DVD9に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「DVD9」の関連用語

DVD9のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




DVD9のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDVD (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS