赤星憲広とは?

赤星憲広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/19 05:50 UTC 版)

赤星 憲広(あかほし のりひろ、1976年4月10日 - )は、愛知県刈谷市出身の元プロ野球選手外野手)で現在は株式会社オフィスS.I.Cとマネージメント契約し野球評論家、野球解説者として活躍している。現役時代は阪神タイガースに所属していた。




[ヘルプ]
  1. ^ 赤星2008、115頁。
  2. ^ 赤星2010、88頁。
  3. ^ 赤星2008、127-128頁。
  4. ^ 赤星2008、129-132頁。
  5. ^ a b 赤星2008、134頁。
  6. ^ 赤星2008、124頁。
  7. ^ 赤星2008、124-125頁。
  8. ^ 赤星2008、125-126頁。
  9. ^ スポーツニッポン引退記念号、10面。
  10. ^ 赤星2008、126-127頁。
  11. ^ 赤星2008、136-138頁。
  12. ^ 赤星2008、140-141頁。
  13. ^ 赤星2008、142頁。
  14. ^ 赤星2010、91頁。
  15. ^ 赤星2010、92-93頁。
  16. ^ a b 赤星2010、94頁。
  17. ^ a b スポーツニッポン引退記念号、14面。
  18. ^ 赤星2008、26-27頁。
  19. ^ 赤星2010、94-95頁。
  20. ^ 赤星2008、27-28・45頁。
  21. ^ a b c d サンケイスポーツ特別号、18頁。
  22. ^ a b c d 赤星憲広/野球;有名人スポーツワンポイント講座
  23. ^ 赤星2010、91頁。
  24. ^ 赤星2010、96-97頁。
  25. ^ 赤星2010、96-98頁。
  26. ^ 赤星2008、208頁。
  27. ^ 赤星2008、143-146頁。
  28. ^ 赤星2008、145-146頁。
  29. ^ 赤星2010、101-102頁。
  30. ^ 赤星2010、102頁。
  31. ^ 赤星2008、148-150頁。
  32. ^ 赤星2010、99頁。
  33. ^ 赤星2008、150-151頁。
  34. ^ 赤星2010、102-103頁。
  35. ^ a b c 赤星2010、104頁。
  36. ^ a b サンケイスポーツ特別号、17頁。
  37. ^ サンケイスポーツ特別号、64頁。
  38. ^ 赤星2010、106-107頁。
  39. ^ 赤星2010、105-107頁。
  40. ^ 赤星2010、107-108頁。
  41. ^ 赤星2008、151-152頁。
  42. ^ 赤星2008、152頁。
  43. ^ 赤星2008、154頁。
  44. ^ 赤星2008、153頁。
  45. ^ サンケイスポーツ特別号、17-18頁。
  46. ^ 赤星2010、104-105・108頁。
  47. ^ 雑誌『スポーツ・ヤア!』(角川書店)2003年7/25-8/7号36ページ「密着ドキュメント 赤星憲広 3枚の色紙」
  48. ^ a b サンケイスポーツ特別号、64頁。
  49. ^ 赤星2010、110頁。
  50. ^ 赤星2010、115-116頁。
  51. ^ 赤星2010、115頁。
  52. ^ プロ野球チームをつくろう!ONLINE2スペシャルインタビューよりhttp://www.yakyutsukuonline.com/library/special/vol34/
  53. ^ 赤星2010、111-112頁。
  54. ^ a b c d e f スポーツニッポン引退記念号、7面。
  55. ^ 赤星2010、116-118頁。
  56. ^ 赤星2010、118頁。
  57. ^ 赤星2010、131-132頁。
  58. ^ 赤星2010、132-134頁。
  59. ^ a b c d e f サンケイスポーツ特別号、19頁。
  60. ^ a b c サンケイスポーツ特別号、6頁。
  61. ^ 赤星2010、136-137頁。
  62. ^ 赤星2010、138頁。
  63. ^ 赤星2010、118・140頁。
  64. ^ 赤星2010、139-140頁。
  65. ^ a b サンケイスポーツ特別号、13頁。
  66. ^ 赤星2010、50-51頁。
  67. ^ 赤星2010、148-149頁。
  68. ^ 赤星2010、149頁。
  69. ^ a b 赤星2010、151頁。
  70. ^ スポーツニッポン引退記念号、12面。
  71. ^ 赤星2010、152-153頁。
  72. ^ 赤星2010、154頁。
  73. ^ 赤星2010、156-158頁。
  74. ^ 赤星2008、5-7頁。
  75. ^ 赤星2008、198-201頁。
  76. ^ 赤星2008、208頁。
  77. ^ 「赤星主将」監督が指名、選手会長と兼務” (日本語). なにわWEB. 大阪日刊スポーツ (2005年11月23日). 2010年2月7日閲覧。
  78. ^ 赤星2010、167頁。
  79. ^ 赤星2010、168頁。
  80. ^ 赤星2010、169頁。
  81. ^ 赤星2008、35-36頁。
  82. ^ 赤星2008、36頁。
  83. ^ 赤星2008、36-37頁。
  84. ^ 赤星2008、38-40頁。
  85. ^ 赤星2010、51頁。
  86. ^ 赤星2010、171頁。
  87. ^ 赤星2010、184頁。
  88. ^ a b c サンケイスポーツ特別号、14頁。
  89. ^ 赤星2010、52頁。
  90. ^ a b c d 赤星2010、53頁。
  91. ^ 赤星2008、225-226頁。
  92. ^ 赤星2010、54頁。
  93. ^ 赤星2010、55頁。
  94. ^ 赤星2010、172頁。
  95. ^ 赤星2010、172-173頁。
  96. ^ 赤星2010、175-176頁。
  97. ^ 赤星2010、176-177頁。
  98. ^ 赤星2010、180-181頁。
  99. ^ 赤星2010、182-183頁。
  100. ^ 赤星2010、184頁。
  101. ^ 赤星 球団新記録の351盗塁!” (日本語). スポーツニッポン (2009年4月5日). 2010年2月7日閲覧。
  102. ^ 阪神・赤星がFA権取得” (日本語). MSN産経ニュース (2009年5月13日). 2010年2月7日閲覧。
  103. ^ サンケイスポーツ特別号、15頁。
  104. ^ スポーツニッポン引退記念号、3・4面。
  105. ^ サンケイスポーツ特別号、10頁。
  106. ^ 赤星2010、20-28頁。
  107. ^ 赤星2010、40-41頁。
  108. ^ a b c スポーツニッポン引退記念号、4面。
  109. ^ 赤星2010、34-35頁。
  110. ^ 赤星2010、41-44頁。
  111. ^ 赤星2010、46頁。
  112. ^ 赤星2010、434頁。
  113. ^ 赤星2010、55-57頁。
  114. ^ 赤星2010、57頁。
  115. ^ 赤星2010、58-63頁。
  116. ^ 赤星2010、66-69・74-76頁。
  117. ^ 赤星2010、75頁。
  118. ^ 赤星2010、77頁。
  119. ^ a b スポーツニッポン引退記念号、6面。
  120. ^ 赤星2008、226頁。
  121. ^ 赤星2010、82頁。
  122. ^ 赤星2010、84-85頁。
  123. ^ a b c サンケイスポーツ特別号、10頁。
  124. ^ 赤星2010、187頁。
  125. ^ サンケイスポーツ特別号、7頁。
  126. ^ 赤星2010、209頁。
  127. ^ 阪神・赤星、引退試合を固辞” (日本語). 朝日新聞 (2010年1月22日). 2010年2月7日閲覧。
  128. ^ 元阪神赤星がスポニチ入り” (日本語). スポーツニッポン (2010年1月1日). 2010年2月7日閲覧。
  129. ^ 赤星氏が日テレ解説者に 立浪氏&清水氏も” (日本語). デイリースポーツ (2010年1月27日). 2010年2月7日閲覧。
  130. ^ 清水、立浪、赤星の3氏が日テレ解説者入り” (日本語). スポーツニッポン (2010年1月27日). 2010年2月7日閲覧。
  131. ^ タイプの違う5人プラスαの俊足プロ選手に見る神髄『野球小僧』2007年2月号、白夜書房、雑誌18801-2、173頁。
  132. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2009』 アスペクトムック、2009年、304-305頁。ISBN 978-4-7572-1628-0
  133. ^ 赤星2010、166頁。
  134. ^ 赤星2010、166-167頁。
  135. ^ サンケイスポーツ特別号、64頁。
  136. ^ そうした光景の写真として、サンケイスポーツ特別号、20-21頁。
  137. ^ 赤星2008、54-56頁。
  138. ^ 赤星2010、148-151頁。
  139. ^ 赤星2008、56-57頁。
  140. ^ 赤星2008、58-59頁。
  141. ^ 赤星2010、113頁。
  142. ^ 赤星2010、147頁。
  143. ^ 赤星2010、155-156頁。
  144. ^ 赤星2008、69頁。
  145. ^ 赤星2008、70-71頁。
  146. ^ 赤星2008、71頁。
  147. ^ 赤星2008、81-86頁。
  148. ^ 赤星2008、155-158頁。
  149. ^ 赤星2008、31-33頁。
  150. ^ 阪神・赤星選手が観客にブチギレ「入ってねーんだよこの野郎!」。ナリナリドットコム 2008/05/25
  151. ^ このエピソードは『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系列にて2012年8月27日放送)でも取り上げられた。
  152. ^ http://japan.techinsight.jp/2010/11/hansin-akahosi-butikire.html
  153. ^ a b スポーツニッポン引退記念号、11面。
  154. ^ 赤星2008、178-180頁。
  155. ^ 赤星2008、225頁。
  156. ^ 阪神赤星がゴールデンスピリット賞受賞” (日本語). なにわWEB. 大阪日刊スポーツ (2004年11月26日). 2010年2月7日閲覧。
  157. ^ 赤星引退 甲子園で最後の車いす贈呈式” (日本語). MSN産経ニュース (2009年12月9日). 2010年2月7日閲覧。
  158. ^ スポニチ評論家・赤星氏と「車いす寄贈の輪」を広げよう!” (日本語). スポーツニッポン. 2010年2月7日閲覧。
  159. ^ 赤星2008、172頁。
  160. ^ 赤星2008、173頁。
  161. ^ 赤星2010、122頁。
  162. ^ 赤星2010、121頁。
  163. ^ a b 赤星2008、174-178頁。
  164. ^ 赤星2010、123-124頁。
  165. ^ 赤星2010、125-126頁。
  166. ^ 赤星2010、126-127頁。
  167. ^ 第14回ベストスイマー賞 表彰式インタビュー


「赤星憲広」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

赤星憲広に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「赤星憲広」の関連用語

赤星憲広のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




赤星憲広のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤星憲広 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS