解釈学的循環とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 解釈学的循環の意味・解説 

かい しゃくがくてき じゅんかん -じゆんくわん [0] 【解釈学的循環】 〔ドイツ hermeneutischer Zirkel〕

ある全体構成している個々のものを解釈するためには,当の全体についての先行理解が必要で,ここに一種循環があるという解釈学考え

解釈学的循環

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/29 08:02 UTC 版)

解釈学的循環(かいしゃくがくてきじゅんかん、:Hermeneutischer Zirkel、:Hermeneutic circle)は、ディルタイマルティン・ハイデッガーガダマーらの解釈学における基本問題。




「解釈学的循環」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

解釈学的循環に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「解釈学的循環」の関連用語

解釈学的循環のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

マガモ

前島密

押出成形

岩木山

常温アスファルト混合物

三重野康

エングレービング

米俵図鐔





解釈学的循環のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの解釈学的循環 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS