祥瑞寺とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 大津歴史事典 > 祥瑞寺の意味・解説 

祥瑞寺

読み方しょうずいじ

本堅田一丁目にある。臨済宗大徳寺派室町時代応永年間(1394~1428)、京都大徳寺の僧・華叟宗曇かそうそうどん)が開いた。彼は学問すぐれており、頓智話で有名な一休苦心の末、許されて入門し、彼のもとできびしい修行をした。

交通アクセス

JR堅田駅から江若バス町内循環堅田出町下車徒歩5分

祥瑞寺


祥瑞寺

読み方:ショウズイジ(shouzuiji)

宗派 臨済宗大徳寺派

所在 滋賀県大津市

本尊 釈迦如来

寺院名辞典では1989年7月時点の情報を掲載しています。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「祥瑞寺」の関連用語

祥瑞寺のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

萱野神社の春祭り

膳所焼

琵琶湖疏水

坂本の六地蔵

近江八景

日吉大社

崇福寺跡

おもちゃの館





祥瑞寺のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
大津市歴史博物館大津市歴史博物館
Copyright (C) OTSU CITY MUSEUM OF HISTORY
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2017 Weblio RSS