特定記録とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 特定記録の意味・解説 

特定記録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/26 23:29 UTC 版)

特定記録(とくていきろく)は、日本郵便局における郵便物等の特殊取扱の一種である。郵便追跡サービスが付帯し、宛先の郵便受けへ配達されるサービスである。2009年3月から取り扱いが開始された。




  1. ^ 手渡しコストが無いので、最低310円からの書留よりも安い。
  2. ^ 例えば定形25g以下の特定記録は242円。100gを超える場合は一律360円のレターパックライトのほうが安いが厚さ3cm制限などがある。また、重さに関わらず一律164円のクリックポストもあるが信書は送れない。
  3. ^ つまり差し出した証拠となる紙が発行され、郵便局にも控えが残る。
  4. ^ 配達においては書面での記録はなく、配達完了日時を配達員が端末に入力するだけである。
  5. ^ 追跡番号の1桁目は「5」または「6」。
  6. ^ 例えば、追跡サービスでは9時に配達完了と表示されているのに、実際の配達時刻はその日の夕方ということがあった。


「特定記録」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「特定記録」の関連用語

特定記録のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Vブレーキ

諏訪利成

フライングエース

土器川

ハシリドコロ

バ ー サ

ホッケー

モニタリングステーション





特定記録のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの特定記録 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS