恋心の女とは?

恋心の女

原題:The Jilt
製作国:アメリカ
製作年:1922
配給:ユ社支社配給
スタッフ
監督:Irving Cummings アーヴィング・カミングス
原作:R. Ramsey R・ラムゼイ
脚本:Arthur Statter アーサー・スタッター
撮影:Irving Reese 
キャスト(役名
Marguerite De La Motte マーゲリット・ド・ラ・モット (Rose Trenton
Ralph Graves ラルフ・グレイヴス (Sandy Sanderson
Matt Moore マット・ムーア (George Prothero
Ben Hewlett ベン・ヒューレット (His Secretry)
Harry De Vere  (Rase's father
Eleanor Hancock  (Rase's mother
Helen Gilmore  (The Head Nurse
解説
R・ラムゼイ氏の原作アーサー・スタッター氏が脚色し、「情熱地獄」と同様アーヴィング・カミングス氏が監督した。ユ社映画主役は「開拓の道」「父恋し」等のマーゲリット・ド・ラ・モット嬢で相手役は「夢の街」「君を思えば」等出演若手新進ラルフ・グレイヴス氏、「嵐」「美貌の力」等のマット・ムーア氏が嫌われる男を演じている等は妙。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
ローズ・トレントンは戦争の為、盲目となったジョージ・プロセロに対す同情を自ら愛と誤認婚約したが、其後彼女は真に己が恋するのは青年サンディ・サンダースンである事を知った。遂に彼女は自分真の心をジョージ告げた。ジョージ胸の痛み忘れるべく渡欧した。サンディー帰る間もなくジョージ不意に帰国した。サンディーローズは気の毒なるジョージ能う限り幸福にすべく努力惜しまなかった。1日此の青年は共に旅行に出かけたが、ジョージ独り帰り来り彼女サンディー悪者に殺されたと語った。翌日ローズの許へパリ医師からジョージは立派に視力回復した帰国した筈の旨通信があった。彼女はジョージ偽り態度責めていた時、死んだと思われたサンディー帰り彼に加えジョージ奸策を語った。卑劣者は去り恋人同志は幸福に。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「恋心の女」の関連用語

恋心の女のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

伊豆千両

海洋観測艦「すま」型

ホプキンシア・ピロサ

パーシモン

どうとん号

フラワーライト

30形

長崎炒麺





恋心の女のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2017 Weblio RSS