巨峰とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 巨峰の意味・解説 

きょ ほう [0] 【巨峰】

ブドウ品種の一。日本育成されたアメリカブドウとヨーロッパブドウ交雑種で,紫黒色卵形大粒の実を結ぶ大房優良種。商標名。

巨峰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/24 02:12 UTC 版)

巨峰(きょほう)とは、日本原産の生食用ブドウ品種の一つである。




[ヘルプ]
  1. ^ 西島隆、寺井康夫、功刀幸博、「ブドウえそ果病の研究(1)」 山梨県果樹試験場研究報告 (10), 47-56, 2000-03, NAID 120004564353
  2. ^ 本杉日野、山本恭久、鳴尾高純 ほか、「【原著論文】四倍体台木に接ぎ木した‘巨峰’ブドウ樹の成長と果実品質」 Journal of the Japanese Society for Horticultural Science., Vol.76 (2007) No.4 P.271-278, doi:10.2503/jjshs.76.271
  3. ^ 森 太郎、「異なる温度環境で生育したブドウ果実における着色制御機構」 筑波大学博士(農学)学位論文 (甲第3337号), hdl:2241/4093
  4. ^ a b 山根崇嘉、加藤淳子、柴山勝利 ほか、「ブドウ‘安芸クイーン’の着色実態および 環状はく皮と着果量の軽減による着色改善」 園芸学研究 Vol.6 (2007) No.3 P441-447, doi:10.2503/hrj.6.441
  5. ^ 糖蓄積がブドウの着色に及ぼす影響の品種間差異と高糖度生産の重要性」 山梨県農業試験場 (PDF)
  6. ^ 参考資料集(PDF),P13の平成13年(ワ)第9153号 大阪地方裁判所 (PDF) 特許庁
  7. ^ 薬師寺博、上野俊人、東暁史 ほか、「新規道具を利用したブドウ花穂整形の省力化」 園芸学研究 Vol.7 (2008) No.1 P.81-86, doi:10.2503/hrj.7.81
  8. ^ 栽培業務部 山梨県果樹試験場
  9. ^ 向阪信一、成田和隆、洞口公俊 ほか、「人工照明で真冬に巨峰を収穫」 照明学会誌 Vol.85 (2001) No.3 P.201-203
  10. ^ 峯村万貴、泉克明、山下裕之 ほか、「ブドウ新品種‘ナガノパープル’の育成経過とその特性」 園芸学研究 Vol.8 (2009) No.1 P.115-122, doi:10.2503/hrj.8.115
  11. ^ ぶどうの品種育成 ナガノパープル 長野県農業試験場


「巨峰」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「巨峰」の関連用語

巨峰のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ホステリング

ミネラルウォーターの製造工程

ニシキウミウシ

池田成彬

追越し禁止

再処理

制帽

エオラプトル・ルネンシス





巨峰のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの巨峰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS