嘱託制度とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 人材マネジメント用語 > 嘱託制度の意味・解説 

嘱託制度

嘱託制度とは、主に定年後も引き続き社員雇用する再雇用制度のことをいう。ただし、法律上の明確な定義はなく、対象となる社員基準就業条件待遇等は各社により、まちまちである。

2006年4月施行された改正高年齢者雇用安定法では、社員雇用期間を段階的に65歳まで引き上げるよう努力義務を課しているが、具体的な雇用方法として、嘱託制度等の再雇用制度導入される場合が多い。

嘱託制度に代表される再雇用制度導入メリットは、一度退職した後に新たに雇用契約を結ぶという形をとるため、柔軟就業条件待遇設定できる点にある。

関連ページ
人事制度

嘱託制度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/02 15:20 UTC 版)

嘱託制度(しょくたくせいど)とは雇用形態のひとつ。臨時に人材を、非常勤職員(嘱託員)、嘱託社員として雇用する制度。






「嘱託制度」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「嘱託制度」の関連用語

嘱託制度のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

籾摺機

バウンドテニス

反り屋根

羊蹄のふきだし湧水

T-5

アフリカゾウ

ハブ

フェリーしらかば





嘱託制度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2017 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの嘱託制度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS