加髢とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 加髢の意味・解説 

加髢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/22 06:18 UTC 版)

加髢は、近代以前に朝鮮の女性が使用したかつらの一種。ダリともいう。社会的に地位が高い女性と妓生は大きい加髢を使用したが、庶民は短い加髢を結んで使った。西洋の女性と同じく、当時の朝鮮の女性も、かつらが大きくて重いほど美しいとされた。このような状況がひどくなると、1756年には英祖が、1788年には正祖が勅令で加髢の使用を禁止した。






「加髢」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「加髢」の関連用語

加髢のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

南阿蘇村疏水群

ヘラクレスオオカブト ヘラクレス・ヘラクレス

ミシシッピーワニ

822SH

きづち

新潟焼山

U1

江幡哲也





加髢のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの加髢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS