上杉憲将とは?

上杉憲将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/08 15:13 UTC 版)

上杉 憲将(うえすぎ のりまさ)は、南北朝時代武将


  1. ^ 片桐昭彦 「山内上杉氏・越後守護上杉氏の系図と系譜」(『中世武家系図の史料論』下巻、高志書院、2007年)収録。15世紀から16世紀にかけて作成され、上杉系図の中では最も早期に成立したものとされる。
  2. ^ 「上杉系図大概」等上杉系図では憲将の子は久庵一子のみとされるが、『山吉家家譜』では山吉義長(同系譜では別名久盛とされる)の母が憲将の娘とされている。ただし、山吉氏の系譜を考察している『三条市史上巻』(1993年、三条市史編修委員会)などは、戦国時代以前の山吉家の系譜の記事は信憑性がないとしている。
  3. ^ 上杉家文書」『南北朝遺文』関東編1384号
  4. ^ 『三条市史 上巻』120貢。
  5. ^ 「醍醐寺報恩院所蔵古文書録乾」、「富士文書」『南北朝遺文』関東編1952、1954号
  6. ^ 佐藤進一『室町幕府守護制度の研究-南北朝期諸国沿革考証編 上』(東京大学出版会、1967年、1988年)
  7. ^ 『上越市史通史編2 中世』118頁
  8. ^ 赤澤計眞『越後上杉氏の研究』(高志書院、1999年)。なお、越後国佐味庄の遵行を下達した正平19年/貞治3年(1364年)7月5日付道昌(上杉憲顕)施行状案(「西大寺文書」)の名宛人「兵庫頭殿」には「嫡子守護代」の肩注があり、貞治4年(1365年)3月6日の越後国国分寺の遵行の道昌書状案(「醍醐寺文書」)の名宛人も兵庫頭憲将となっており、『室町幕府守護制度の研究 上』では憲将を越後守護代としている。


「上杉憲将」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「上杉憲将」の関連用語

上杉憲将のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

瀬戸大橋開通記念500円白銅貨幣

黒銅鉱

法要

日野プロフィア

莫高窟

ツユクサ

9300系

ハーフタング





上杉憲将のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの上杉憲将 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS