ロニー・ピーターソンとは?

ロニー・ピーターソン(スウェーデン)

英語 Bengt Ronnie Peterson

1944年2月14日1978年9月11日

1960年代序盤カート始め数々タイトルを得たあと、66年自製マシンF3ステップアップ68年にはテクノ乗り換え国内チャンピオンに輝くと同時にモナコのF3GPも制覇。この活躍認められてテクノF2をもドライブ69年にはマーチ・ワークスに抜擢されF2参戦デビュー戦で3位入賞を果たしている。翌70年F2加えてF1にも参戦デビュー戦モナコで7位完走を果たして注目を集める。彼はモナコを得意とし、翌年は2位、73年は3位、74年には優勝を飾っている。マシン振りまわすようにドライブするところから、サイドウェイ・ロニー(横っ走りロニー)と呼ばれたが、78年イタリアGPでのアクシデントから、帰らぬ人となった。F1通算12310勝、シリーズベスト71年78年の2位。

ロニー・ピーターソン(スウェーデン)

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ロニー・ピーターソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/06 17:09 UTC 版)

ベンクト・ロニー・ピーターソンBengt Ronnie Peterson, 1944年2月14日 - 1978年9月11日)はスウェーデンエーレブルー生まれのF1ドライバー。名字は母国語での発音に基づき「ペテルソン」「ペターソン」「ペタソン」などと表記されることもある。




[ヘルプ]
  1. ^ a b Naoki Kaneko「ロニー・ピーターソン、夢の途上」、『F1 Modeling』第23巻、山海堂、2005年、 9頁。
  2. ^ Naoki Kaneko「時代をつかんだ、ロータスの真骨頂」、『F1 Modeling』第23巻、山海堂、2005年、 8頁。
  3. ^ シド・ワトキンス 『F1一瞬の死 F1専属医が見た生と死の軌跡』 小川秀樹/阪上哲訳、WAVE出版、1997年、50頁。ISBN 487290012X
  4. ^ 『F1一瞬の死 F1専属医が見た生と死の軌跡』、52頁。
  5. ^ 『F1一瞬の死 F1専属医が見た生と死の軌跡』、55-56頁。
  6. ^ 「驚愕ドライビング構造論」『Racing on 第477号 [特集]ロニー・ピーターソン “スーパースウェード”の真実』三栄書房、2015年7月、20-26頁。
  7. ^ スウェーデンのキャンピングトレーラーメーカー(公式サイト


「ロニー・ピーターソン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ロニー・ピーターソンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ロニー・ピーターソン」の関連用語

ロニー・ピーターソンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

レグナム

プルタイプクラッチ

マーチ

アルミボディ

NSX

ダート

クランクシャフトダンパー

サイドサポート





ロニー・ピーターソンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロニー・ピーターソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS