サッチモとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 外国人名の読み方 > サッチモの意味・解説 

サッチモ

名前 Satchmo

ルイ・アームストロング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/24 16:02 UTC 版)

(サッチモ から転送)

ルイ・アームストロングLouis Armstrong, 1901年8月4日[1] - 1971年7月6日)は、アフリカ系アメリカ人ジャズミュージシャンである。


  1. ^ a b アームストロングは自分がいつ生まれたのか正確には知らないと言っていたが、7月4日の誕生日を祝っていた。彼は公に話すときは1900年生まれであると言っていた(とはいえ、社会保障や他の政府の書類には1901年を用いていた)。彼の祖母が彼に洗礼を受けさせたときのローマ・カトリック教会の文書を用いて、ニューオーリンズの音楽研究家タッド・ジョーンズ Tad Jones はアームストロングの誕生日が1901年8月4日であると立証した。他にもこれを立証する各種の証拠により、この日付はいまやアームストロングを研究する学者に受け入れられている。
  2. ^ 通説では、アームストロングが歌詞を忘れたためと言われているが、音楽評論家のマイケル・ブルックスは2002年の編集盤『ザ・ベスト・オブ・ホット5・アンド・ホット7・レコーディングス』のライナーノーツで、アームストロングがわざとスキャットで歌った可能性を指摘している
  3. ^ NHKラジオ「いとしのオールディーズ」にゲスト出演した湯川れい子は「今の日本で言えばAKB48の連続1位を北島三郎さんがストップさせたようなもの」と例えていた。
  4. ^ "Satchuated" Gary Giddins, Village Voice April 16–22, 2003. Retrieved October 17, 2007.
  5. ^ http://www.redhotjazz.com/lil.html
  6. ^ http://www.louisarmstrongfoundation.org/louis.php
  7. ^ Louis Armstrong: FAQ”. Louis Armstrong House Museum. 2012年12月18日閲覧。
  8. ^ Jacqui Goddard (2012年12月15日). “Louis Armstrong's secret daughter revealed, 42 years after his death”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/northamerica/usa/9747518/Louis-Armstrongs-secret-daughter-revealed-42-years-after-his-death.html 
  9. ^ 『ぴあMOOK ジャズワンダーランド』(ぴあ、2005年)p.128参照
  10. ^ 岩浪洋三『これがジャズ史だ〜その嘘と真実〜』(朔北社、2008年)p.84参照
  11. ^ 『ルイ・アームストロングの肖像1928』、油井正一解説、CBS/SONY、20AP1466


「ルイ・アームストロング」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

サッチモに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「サッチモ」の関連用語

サッチモのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




サッチモのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルイ・アームストロング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS