カラスのいる麦畑とは?

カラスのいる麦畑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/29 15:29 UTC 版)

カラスのいる麦畑(-むぎばたけ)は、フィンセント・ファン・ゴッホによって1890年7月に描かれた油彩絵画。彼の最晩年に描かれた作品のひとつである。邦題は「カラスの群れ飛ぶ麦畑」、「黒い鳥のいる麦畑」などとも訳される。ゴッホ美術館蔵。


[ヘルプ]
  1. ^ 英語:「Wheatfield with Crows 」やフランス語:「Champ de blé aux corbeaux 」などでも同様に「カラス」となっている。
  2. ^ ゴッホの自殺直前の行動については、酒を飲んでいた、絵を描いていたものの自殺を図った後画材を何者かに持ち去られたなど諸説ある。また発砲時の目撃者は無く現場は特定できなかった事、また右利きであったはずの彼にしては弾丸の入射角が不自然であった事など、自殺についてもいくつか不可解な点が報告されている。


「カラスのいる麦畑」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カラスのいる麦畑」の関連用語

カラスのいる麦畑のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鉄水鉛華

隠しリベット

その他の樹木畑

遮へい

AP-K202S

チョコレートマカロン

10系

嘉納治五郎





カラスのいる麦畑のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカラスのいる麦畑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS