美貌と罪とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > 美貌と罪の意味・解説 

美貌と罪

原題:
製作国:日本
製作年:1953
配給:
スタッフ
監督:岩間鶴夫 イワマツルオ
製作:山本武 ヤマモトタケシ
脚本:植草圭之助 ウエクサケイノスケ
撮影:斎藤毅 サイトウタケシ
音楽:加藤光男 カトウミツオ
美術:熊谷正雄 クマガイマサオ
録音:妹尾芳三郎 セノオヨシサブロウ
照明:磯野春雄 イソノハルオ
キャスト(役名
淡島千景 アワシマチカゲ (藤原昌子)
淡路恵子 アワジケイコ (妹悠起子)
英百合子 ハナブサユリコ (くに)
内田あけみ ウチダアケミ (良子
高橋貞二 タカハシテイジ (本多亮介)
幾野道子 イクノミチコ (太田公子
柳永二郎 ヤナギエイジロウ (河田社長
永田靖 ナガタヤスシ (中森
尾棹一浩  (隈部)
ボッブ・ブース  (バイヤー
奈良真養 ナラシンヨウ (局長
水上令子 ミナカミレイコ (女中
槙芙佐子 マキフサコ (待合女将
解説
春の囁き」の植草圭之助オリジナル・シナリオを「姉妹(1953)」の岩間鶴夫監督している。製作は「やっさもっさ」の山本武出演者は「岸壁」の淡島千景、「日本の悲劇」の高橋貞二淡路恵子、「嫁の立場」の幾野道子など。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
美貌戦争未亡人昌子は、老母子供抱え、妹の悠紀子と四人暮し悠紀子は新聞社交換手家計助けている為、愛人青年記者本多亮介と結婚出来ない。それを不愍に思う昌子は、キャバレー勤め替えして妹を結婚させてやる。その頃昌子一家住居追いたてられていたが、偶然出あった女学校時代友人太田公子世話で家を借り公子会社就職する。公子実業界時めく河田工業社長パトロンにして、彼女自ら会社営み密貿易等をやっている。亮介は職業柄、これに気づいて昌子に注意するが、時遅く昌子は、公子口車乗り河田結託する政治家の手籠めにあう。友情肉体を蹂りんされた昌子は、怒り燃え公子衝突し、河田公子秘書の隈部と不倫な関係にある事をばらす。公子の失寵から、昌子は深入りして河田鍾愛を受ける事になるが、それも老獪河田の手先に使われている最中旅先で公子遭遇して激論し、公子列車から落してしまう。過失とはいえ公子を死なせた昌子の動揺大きく事勿れ主義河田からは弊履如く捨てられた為、傷心余り自殺する。しかし、一時新聞沙汰を免れた河田政治家に、亮介の力で正義鉄槌が下された。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「美貌と罪」の関連用語

美貌と罪のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



美貌と罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2020 Weblio RSS