*蹴とは? わかりやすく解説

しゅう【蹴】

常用漢字] [音]シュウシウ)(慣) [訓]ける

ける。「蹴鞠(しゅうきく)・蹴球一蹴


読み方:ける

  1. 逃走スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・京都府
  2. 迯走スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・京都府
  3. 逃走スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作部・長崎県〕
  4. 逃走スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・埼玉県
  5. 逃走スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・三重県
  6. 逃走スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・静岡県
  7. 逃走スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・島根県
  8. 逃走スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・岡山県
  9. 逃走スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・山口県
  10. 逃走ノコトヲ云フ。但今急ニ逃走スルト云フコトハ早バニマウト云フ。夜逃ヲ「ゴイ」ト云フ。ゴイセント云ヘハ夜逃ヲセント云フコトナリ。ゴイトハ五位鷺ノコトヨリノ称ル。夜飛ナレハナリ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・福岡県
  11. 逃走スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・福岡県
  12. 逃走スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・大分県
  13. 逃走隠語「ふける」ノ略語。〔第三類 犯罪行為
  14. 同上(※「げそ」参照)-類語「ふける」ノ略。〔第四類 言語動作
  15. 逃走する事を云ふ。「ふける、だつ、ずら、ずらかる、しける」等皆同じ。
  16. 逃走する。〔掏摸

分類 三重県京都府埼玉県大分県山口県岡山県島根県掏摸福岡県長崎県静岡県


読み方:ける

  1. 殺害行為。〔第三類 犯罪行為
  2. 殺すを云ふ。

読み方:ける

  1. 蹴。性交す。俗語。「一丁ける」などいふ。
  2. 婦女関係する事を云ふ。
  3. 女と関係する甲府 不良青少年仲間
  4. 性交する。床をつける語尾のみを言つたもの。〔不〕

分類 不、不良青少年仲間


読み方:ける

  1. 破約する事蹴飛ばすよりか。

読み方:けれ

  1. 現場立去ルベシトノ意。〔第四類 言語動作
  2. 現場より逃走せよとの意。
  3. 現場より逃走せよという意。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2020/11/19 07:59 UTC 版)

発音(?)


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「蹴」の例文・使い方・用例・文例



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

*蹴のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



*蹴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS