*毅*とは?

き【×毅】

人名用漢字] [音]キ(慣) [訓]つよい

心構え態度がしっかりして動じない。「毅然弘毅(こうき)・剛毅豪毅沈毅

名のり]かた・こわし・さだむ・しのぶ・たか・たけ・たけし・つよし・とし・のり・はたす・み・よしつよ・つよ


軍毅

(*毅* から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/19 00:05 UTC 版)

軍毅(ぐんき)は、古代日本の軍団を統率した官職で、大毅少毅の総称である。1軍団に軍毅が複数いるときには1名の長官を大毅、1名か2名の次官を少毅といった。軍毅が1人しかいない軍団ではその1名を毅といった。郡司と同じく地元の有力者から任命され、国司の指揮下にあった。外官武官である[1]


  1. ^ 外官は京官に対するもので、地方で任用される。武官は文官に対するもので、軍事警察を任務とする。
  2. ^ 橋本裕「軍毅についての一考察」7頁。
  3. ^ 橋本裕「軍毅についての一考察」、『律令軍団制の研究』増補版7-9頁。
  4. ^ 笹山晴生『古代国家と軍隊』講談社学術文庫79-80頁、中公新書62-63頁。
  5. ^ 橋本裕「軍毅についての一考察」、『律令軍団制の研究』増補版9-16頁。
  6. ^ 白河団。橋本裕「律令軍団一覧」(『律令軍団制の研究』増補版158頁)が、『左経記』の当該年月条にあると記す。
  7. ^ 『類聚三代格』巻15大同4年5月11日太政官符、同書巻18貞観11年9月27日太政官符。橋本裕「軍毅についての一考察」、『律令軍団制の研究』増補版4-6頁。
  8. ^ 養老職員令79軍団条。軍防令1(『日本思想大系 律令』新装版195頁、319頁)
  9. ^ 橋本裕「軍毅についての一考察」、『律令軍団制の研究』増補版7-9頁。
  10. ^ 直後で記す弘仁4年12月29日と弘仁6年8月13日の太政官符の中で言及される。
  11. ^ 弘仁4年12月29日太政官符、『類聚三代格後篇・弘仁格抄』(新訂増補国史大系普及版)544頁。
  12. ^ 弘仁6年8月13日太政官符、『類聚三代格後篇・弘仁格抄』(新訂増補国史大系)普及版544-545頁。
  13. ^ 「凡軍団大毅領一千人、少毅副領」。
  14. ^ 野田嶺志「日本律令軍制の特質」、『日本史研究』76号38-39頁、42頁。
  15. ^ 軍防令14兵士以上条、『日本思想大系 律令』新装版322頁。
  16. ^ 橋本裕「軍毅についての一考察」、『律令軍団制の研究』増補版25頁、30頁注26。
  17. ^ 『続日本紀』大宝元年8月には大宰府管内で実施され、慶雲元年6月に全国に拡大した。
  18. ^ 野田嶺志「日本律令軍制の特質」36-38頁。
  19. ^ 『令義解』選叙令6任内外官条。
  20. ^ 軍防令13(『日本思想大系 律令』新装版322頁)。
  21. ^ 橋本裕「軍毅についての一考察」16-17頁、27頁。
  22. ^ 『令集解』選叙令15郡司軍団条に慶雲3年の格が引かれている。
  23. ^ 『続日本紀』天平宝字元年5月。
  24. ^ 『続日本紀』天平宝字8年11月辛酉条。橋本裕「軍毅についての一考察」30頁注30。
  25. ^ 考課令67考郡司条(『日本思想大系 律令』新装版299頁)。
  26. ^ 「選叙令」15(『日本思想大系 律令』新装版274頁)。
  27. ^ 考課令67考郡司条。および同条の義解。
  28. ^ 賦役令19舎人史生条。
  29. ^ 『続日本紀』神亀3年11月己丑条、『令集解』賦役令19舎人史生条に引かれた神亀4年正月26日格。橋本裕「軍毅についての一考察」17頁、31頁注33。
  30. ^ 『類聚三代格』大同4年5月11日太政官符。
  31. ^ 橋本裕「軍毅についての一考察」16-18頁。


「軍毅」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 01:42 UTC 版)

発音(?)

あつし、かた、かつ、井上こわしさだむしのぶ、たか、たかね寺内たけたけし谷山たける 、つよ、つよき犬養つよし、とし、のり、はたす、み、よし

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「*毅*」の関連用語

*毅*のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



*毅*のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの軍毅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS