高度肥満とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 高度肥満の意味・解説 

肥満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/06 07:38 UTC 版)

(高度肥満 から転送)

肥満(ひまん、: obesity)とは一般的に、正常な状態に比べて体重が多い状況、あるいは体脂肪が過剰に蓄積した状況を言う。体重や体脂肪の増加に伴った症状の有無は問わない。体質性のものと症候性のものに分類できるが、後者を特に肥満症と呼ぶこともある。対義語は、羸痩(るいそう)である。主にヒトを含めた哺乳類で使われることが多い。以下ではヒトにおける肥満について論じる。ヒト以外の肥満については、ペットの肥満英語版などを参照のこと。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 脂肪細胞とインスリン抵抗性
  2. ^ レプチンと心血管病変 小川佳宏日本内科学会雑誌 第90巻 第4号・平成13年4月10日
  3. ^ 研究トピックス 塩分の摂りすぎによる血圧上昇のしくみを解明
  4. ^ 利尿を抑えるホルモン"バソプレシン"の脳の中の新たな作用を発見
  5. ^ 糖尿病の基礎知識
  6. ^ Berrington de Gonzalez A (December 2010). “Body-Mass Index and Mortality among 1.46 Million White Adults”. N. Engl. J. Med. 363 (23): 2211–9. doi:10.1056/NEJMoa1000367. PMC 3066051. PMID 21121834. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3066051. 
  7. ^ 生活習慣に着目した疾病対策の基本的方向性について(意見具申)」では肥満自体を生活習慣病の一つに含めている。
  8. ^ 「平成14年度糖尿病実態調査報告」平成16年6月厚生労働省健康局
  9. ^ a b 坂本信夫、日内会誌第78巻第11号 第86回日本内科学会講演会(1989年) 教育講演 内科診療の進歩糖尿病合併症の成因と対策
  10. ^ Sakamoto N, et al : The features of causes of death in Japanese diabetics during the period 1971-1980. Tohoku J Exp Med 141(Suppl) : 631, 1983
  11. ^ 川上正舒、糖尿病46(12):913~915,2003「動脈硬化症の分子機構」
  12. ^ まさかコイツが原因!? アルツハイマー新予防 ためしてガッテン2012年09月26日放送
  13. ^ アルツハイマー病の分子病態とアミロイドβ蛋白 / 玉岡 晃 - 筑波大学
  14. ^ Aβの分解過程に関与する酵素の分子生物学と酵素学的性質 インスリン分解酵素 (アルツハイマー病--基礎研究から予防・治療の新しいパラダイム) -- (アルツハイマー病に関連する基礎知識)
  15. ^ 「マーガレット・サッチャー、鉄の女の涙」-糖尿病とアルツハイマー病
  16. ^ 国立がんセンターがん対策情報センター (2009年2月25日). “日本人のためのがん予防法:現状において推奨できる科学的根拠に基づくがん予防法”. 2009年12月1日閲覧。
  17. ^ WHO technical report series 916. Diet, nutrition and the prevention of chronic diseases, 2003 & IARC monograph on the Evaluation of Carcinogenic Risks to Humans, Volume83, Tobacco Smoke and Involuntary Smoking, 2004
  18. ^ Global Prevalence of Adult Obesity (PDF)”. en:International Obesity Taskforce. 2008年1月29日閲覧。
  19. ^ a b EarthTrends: Nutrition: Calorie supply per capita”. World Resources Institute. 2009年10月18日閲覧。
  20. ^ 5 大陸 63 ヵ国が参加した「国際腹部肥満測定デー (IDEAO)」のデータ解析の結果
  21. ^ INSERM Beverley Balkau
  22. ^ WHO monitoring of trends and determinants in cardiovasculsr diseases「日本人の BMI に関する研究」班の報告
  23. ^ Report of a Joint WHO/FAO Expert Consultation Nutrition and the Prevention of Chronic Diseases pp147-149. 2003
  24. ^ Obesity and overweight Fact sheet N°311, World Health Organization, Updated March 2011.
  25. ^ 過食による肥満と麻薬中毒、脳内に同じ変化 米研究 AFPBB News 2010年03月29日
  26. ^ Seidell 2005 p.10
  27. ^ a b WHO: Obesity and overweight”. World Health Organization. 2008年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月10日閲覧。
  28. ^ a b c WHO | Physical Inactivity: A Global Public Health Problem”. World Health Organization. 2009年2月22日閲覧。
  29. ^ a b Ness-Abramof R, Apovian CM (February 2006). “Diet modification for treatment and prevention of obesity”. Endocrine 29 (1): 5–9. doi:10.1385/ENDO:29:1:135. PMID 16622287. 
  30. ^ Salmon J, Timperio A (2007). “Prevalence, trends and environmental influences on child and youth physical activity”. Med Sport Sci. Medicine and Sport Science 50: 183–99. doi:10.1159/000101391. ISBN 978-3-318-01396-2. PMID 17387258. 
  31. ^ Borodulin K, Laatikainen T, Juolevi A, Jousilahti P (June 2008). “Thirty-year trends of physical activity in relation to age, calendar time and birth cohort in Finnish adults”. Eur J Public Health 18 (3): 339–44. doi:10.1093/eurpub/ckm092. PMID 17875578. 
  32. ^ Brownson RC, Boehmer TK, Luke DA (2005). “Declining rates of physical activity in the United States: what are the contributors?”. Annu Rev Public Health 26: 421–43. doi:10.1146/annurev.publhealth.26.021304.144437. PMID 15760296. 
  33. ^ Gortmaker SL, Must A, Sobol AM, Peterson K, Colditz GA, Dietz WH (April 1996). “Television viewing as a cause of increasing obesity among children in the United States, 1986–1990”. Arch Pediatr Adolesc Med 150 (4): 356–62. doi:10.1001/archpedi.1996.02170290022003. PMID 8634729. 
  34. ^ Vioque J, Torres A, Quiles J (December 2000). “Time spent watching television, sleep duration and obesity in adults living in Valencia, Spain”. Int. J. Obes. Relat. Metab. Disord. 24 (12): 1683–8. doi:10.1038/sj.ijo.0801434. PMID 11126224. 
  35. ^ Tucker LA, Bagwell M (July 1991). “Television viewing and obesity in adult females” (PDF). Am J Public Health 81 (7): 908–11. doi:10.2105/AJPH.81.7.908. PMC 1405200. PMID 2053671. http://www.ajph.org/cgi/reprint/81/7/908. 
  36. ^ Media + Child and Adolescent Health: A Systematic Review (PDF)”. Ezekiel J. Emanuel. Common Sense Media (2008年). 2009年4月6日閲覧。
  37. ^ a b 「“夢のやせ薬”、開発競争の裏側 20社余りの製薬会社が、肥満治療薬の市場に参入」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年3月17日付配信
  38. ^ 『“睡眠不足は肥満のもと”5時間未満だと1・4倍に』2008年3月12日付配信 読売新聞
  39. ^ 『間違いだらけの子育て 子育ての常識を変える10の最新ルール』第2章 「睡眠時間を削ってはいけない」ポー・ブロンソン、アリュリー・メリーマン著 小松淳子訳 インターシフト
  40. ^ Lau DC, Douketis JD, Morrison KM, Hramiak IM, Sharma AM, Ur E (April 2007). “2006 Canadian clinical practice guidelines on the management and prevention of obesity in adults and children summary”. CMAJ 176 (8): S1–13. doi:10.1503/cmaj.061409. PMC 1839777. PMID 17420481. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1839777. 
  41. ^ Strychar I (January 2006). “Diet in the management of weight loss”. CMAJ 174 (1): 56–63. doi:10.1503/cmaj.045037. PMC 1319349. PMID 16389240. http://www.cmaj.ca/cgi/content/full/174/1/56. 
  42. ^ Shick SM, Wing RR, Klem ML, McGuire MT, Hill JO, Seagle H (April 1998). “Persons successful at long-term weight loss and maintenance continue to consume a low-energy, low-fat diet”. J Am Diet Assoc 98 (4): 408–13. doi:10.1016/S0002-8223(98)00093-5. PMID 9550162. 
  43. ^ Tate DF, Jeffery RW, Sherwood NE, Wing RR (1 April 2007). “Long-term weight losses associated with prescription of higher physical activity goals. Are higher levels of physical activity protective against weight regain?”. Am. J. Clin. Nutr. 85 (4): 954–9. PMID 17413092. http://www.ajcn.org/cgi/content/full/85/4/954. 
  44. ^ Wing, Rena R; Phelan, Suzanne (1 July 2005). “Science-Based Solutions to Obesity: What are the Roles of Academia, Government, Industry, and Health Care? Proceedings of a symposium, Boston, Massachusetts, USA, 10–11 March 2004 and Anaheim, California, USA, 2 October 2004”. Am. J. Clin. Nutr. 82 (1 Suppl): 207S–273S. PMID 16002825. http://www.ajcn.org/cgi/content/full/82/1/222S. 
  45. ^ Thangaratinam, S; Rogozinska, E; Jolly, K; Glinkowski, S; Roseboom, T; Tomlinson, JW; Kunz, R; Mol, BW; Coomarasamy, A; Khan, KS (2012 May 16). “Effects of interventions in pregnancy on maternal weight and obstetric outcomes: meta-analysis of randomised evidence”. BMJ (Clinical research ed.) 344: e2088. doi:10.1136/bmj.e2088. PMC 3355191. PMID 22596383. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3355191. 
  46. ^ Colquitt, JL; Picot, J; Loveman, E; Clegg, AJ (2009 Apr 15). “Surgery for obesity.”. Cochrane database of systematic reviews (Online) (2): CD003641. PMID 19370590. 
  47. ^ Lancet. 2009 Nov 7;374(9701):1606-16.
  48. ^ 村上直久『世界は食の安全を守れるか―食品パニックと危機管理』(平凡社新書)151頁。ISBN 978-4582852370
  49. ^ 『肥満、家計にも「重く」…20キロ超過で医療費2.5倍』2007年8月8日付配信 読売新聞
  50. ^ Food Marketing to Children and Youth: Threat or Opportunity? (Institute of medicine)
  51. ^ 米国の子どもたちの肥満は、「健康に悪い食品のCM」にさらされているから? (AFPBB News、2007年09月08日 10:16)
  52. ^ Bottlers Agree to a School Ban on Sweet Drinks (The New York Times, 2006-5-4)
  53. ^ Limiting Ads of Junk Food to Children (New York Times, July 18, 2007)
  54. ^ “東欧で肥満児急増 体操教室流行・ジャンクフード税導入”. 朝日新聞. (2010年3月16日). http://www.asahi.com/international/update/0316/TKY201003150469.html 2010年3月16日閲覧。 
  55. ^ “世界有数の肥満国クウェート、ファーストフード人気も一因に”. CNN.co.jp. (2010年5月7日). http://www.cnn.co.jp/fringe/AIC201005070014.html 2010年5月7日閲覧。 
  56. ^ “中国がファストフード大国に KFC など急ピッチで開店”. CNN.co.jp. (2010年7月14日). http://www.cnn.co.jp/business/AIC201007140006.html 2010年7月17日閲覧。 
  57. ^ 中国の肥満人口は3億人超、2030年には6.5億人に 2010-05-01(土) 163011 サーチナ 2013年2月22日閲覧。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

高度肥満に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「高度肥満」の関連用語

高度肥満のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




高度肥満のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの肥満 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS