鎖打棒とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 鎖打棒の意味・解説 

鎖打棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/02/23 10:03 UTC 版)

鎖打棒(くさりうちぼう)とは、鉄鎖に分類されるもので捕具である。分銅が1尺2寸の長い鉄棒(ナエシ)についたもので、乳切木を小さくしたものである。分銅が安定して振出が簡単となる。小田宮流で伝承されていた。両端が棒状になったものと片方が分銅になったものがあり、柄を持って打ち振れば分銅鎖、逆手に持てばナエシ、両手に持って長い鎖で刀を絡め取り、また敵の首や手足を鎖で締め付ける事も出来るため非常に精度が高い。短い鎖の場合は締め付けることができないことから打撃用となり、敵に接近して簡単な捕縛をする道具となった。大きさからみれば婦女子の護身用として使われていた。握りの鉄棒も分銅も八角握りとなっている。




「鎖打棒」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

鎖打棒に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鎖打棒」の関連用語

1
18% |||||

2
12% |||||

3
4% |||||

鎖打棒のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ハンググライディング

甲州ほうとう

せき

石野真美

男鹿国定公園

小原和紙

野母崎水仙の里公園と潮

オオアリクイ





鎖打棒のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鎖打棒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS