日本能楽会/とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本能楽会/の意味・解説 

能楽

(日本能楽会/ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/02 08:58 UTC 版)

能楽(のうがく)は、日本の伝統芸能であり、式三番)を含む狂言とを包含する総称である。重要無形文化財に指定され、ユネスコ無形文化遺産に登録されている。




  1. ^ 芝能楽堂は、日本初の能楽堂(能舞台を屋内に収めたもの)である。
  2. ^ 西野春雄 羽田昶『新版 能・狂言事典』平凡社、2011年、ISBN 9784582126419、310ページ
  3. ^ 観世栄夫『華より幽へ』白水社、2007年
  4. ^ 観世銕之丞『ようこそ能の世界へ』暮しの手帖社、2000年
  5. ^ 横山太郎『天女舞の身体技法:カマエ成立以前の能の身体』『ZEAMI:中世の芸術と文化』1号、森話社、2002年収録
  6. ^ 松岡心平『宴の身体:バサラから世阿弥へ』(岩波現代文庫)、225-229ページ
  7. ^ 型においても能と狂言では違いがあり、例えば泣くことを示す「シオリ」でも、能は手を顔に近づけるだけだが、狂言ではエーエーと泣き声を発する
  8. ^ 観世銕之亟『ようこそ能の世界へ』暮しの手帖社、2000年、37ページ
  9. ^ 井上由理子『能にアクセス』淡交社、2003年
  10. ^ 小鼓が「ポン(ポ)」であれば大鼓は「カン」とした音調。
  11. ^ IPA「教育用画像素材集サイト」[1]
  12. ^ 氷川まりこ・梅若六郎『能の新世紀』
  13. ^ 観世前掲書
  14. ^ ただしこうした伝統的制度には内部からの批判も存在する。観世栄夫によると、生前、観世寿夫はこうした家元制度を不要なものと考えていたとされる。(観世栄夫『華より幽へ 観世栄夫自伝』白水社、2007年)
  15. ^ 「宗家預り」「宗家代理」が宗家の代行を務めうることは能楽協会約款にも規定されている。能楽協会約款
  16. ^ 子供の役もしくは非常に高貴な人物を象徴的に表現するために子供が演じることになっている役
  17. ^ 適齢期にある三役の子供をシテ方が指導して使うこともある
  18. ^ 舞台上に待機し、舞台の進行を手助けする役目の人物。小道具や作り物の世話をする他、演じ手が何らかの理由で舞台を続けられなくなった場合には途中から代役を務めることもある。
  19. ^ 観世左吉流ともいう
  20. ^ 現在の正式な名称は「独立行政法人日本芸術文化振興会養成事業・能楽三役研修生」である。
  21. ^ 観世栄夫『華より幽へ 観世栄夫自伝』白水社、2007年
  22. ^ 佐貫百合人『伝統芸能家になるには』ぺりかん社、2000年、82ページ
  23. ^ 佐貫前掲書、114-115ページ
  24. ^ 観世栄夫前掲書
  25. ^ 同上
  26. ^ 能楽協会|能楽協会について
  27. ^ 女性能楽師と2つの壁 ―能楽協会と日本能楽会入会―
  28. ^ 佐貫前掲書、118-119ページ
  29. ^ 三浦裕子著・山崎有一郎監修『能楽入門(1) 初めての能・狂言』小学館 1999年、ISBN 4093431132、15ページ
  30. ^ 江戸時代の大名生活・上屋敷と下屋敷 目白徳川黎明会(昭和五十年九月二十九日)






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本能楽会/」の関連用語

日本能楽会/のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

A段

次郎左衛門雛

アカネズミ

FACOM 128B

陽春

月山和紙

加藤高明

ロックフォール・ソシエテ





日本能楽会/のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの能楽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS