感ずるとは?

かん・ずる [0] 【感ずる】

( 動サ変[文] サ変 かん・ず
刺激をとらえて,ある感覚生ずる。 「寒いと-・ずる」 「痛みを-・ずる」 「春を-・ずる」 「無くても不便を-・じない」
物や事に触れて,ある気持ち感情を心にもつ。心に刻み付ける。 「何かおかしいと-・ずる」 「親しみを-・ずる」
強く心が動かされる。感動する。 「意気に-・ずる」 「 - ・ずるところがあって酒をやめた」
計器などが反応を示す。 「放射能を-・ずる」
病気感染する。 「愛馬突然虎烈剌コレラ病に-・じて/花柳春話 純一
神仏などが認めて,そのしるしが表れる。 「多く人民を悩ませりしに依て其の報を-・ぜる也/今昔 6
心してほめる。 「平家ふなばたをたたいて-・じたり/平家 11






品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「感ずる」の関連用語

感ずるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

種蔵棚田の雨上がりの石積

アックス

オニウスタケ

スモークワインダー

特殊災害対策車

美浜2号機蒸気発生器伝熱管破断事故

補給艦「ましゅう」型

ランナーズタグ





感ずるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2017 Weblio RSS