当用仕入とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 流通用語 > 当用仕入の意味・解説 

当用仕入

商品を、販売状態に応じて一時に少量ずつ、しかも頻繁に仕入れる方策をいう。当用仕入れの利点としては、手持ち商品が新鮮である、在庫投資少なくて済む、商品回転迅速売れない商品手持ちする危険性少ない、売れ行きのよい商品資金充当できるなどが上げられる。逆に欠点は、大量仕入れによる利点が得られない、品切れにより販売機会を失う、品揃えの豊富さが失われ顧客逃すなどが上げられる。契約にもとづく計画的仕入れではないので、取引先から協力的な支援を得ることができないその都度仕入れるので小口仕入ともいう。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「当用仕入」の関連用語

1
54% |||||

当用仕入のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




当用仕入のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2014by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.

©2014 Weblio RSS