制動距離とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 距離 > 制動距離の意味・解説 

制動距離

英語 braking distance

ブレーキ効きはじめてから停止するまでに走行した距離。制動操作から停止するまでの距離から空走距離(足の踏み替えブレーキペダル遊びによりブレーキ作用するまでに空走する距離)を減じたものが制動距離となる。制動距離は速度2乗と車重に比例し、制動力反比例する。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

制動距離

ブレーキ操作してから停止するまでに自転車移動する距離。

ブレーキ

(制動距離 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/14 22:57 UTC 版)

ブレーキ (Brake) は、運動、移動する物体の減速、あるいは停止を行う装置である。これらの動作を制動と呼ぶため、制動装置(せいどうそうち)ともいわれる。




[ヘルプ]
  1. ^ プロペラ機で可変ピッチプロペラを搭載している機体はプロペラのピッチ角度を逆の角度に変えてプロペラの発生する推力を逆にする。
  2. ^ 大型機や高性能機のブレーキ系統にはアンチスキッドシステム(自動車で言うABS)が組み込まれていて、各車軸に車輪速度センサーが取り付けられており、車輪が回転すると電気信号が発生し、それがハーネスを通してアンチスキッド制御装置に送られ、それを元に制御装置が信号をスキッド制御弁に送られ、スキッド制御弁が可動してブレーキの油圧をコントロールするシステムとなっている。
  3. ^ この系統はフラップ・エルロン・スポイラーなどの操縦装置や地上走行中(タキシング)に機体の向きを変える降着装置(ランディングギア)の操向装置(ステアリング)にも使用される
  4. ^ a b c 三相誘導電動機 CRANE-CLUB 2017年8月13日閲覧
  5. ^ 発電制動(直流制動)法とは|よくある質問(FAQ)|三菱電機 FA 2017年8月13日閲覧
  6. ^ プラッギング(逆相制動)とは何ですか?|よくある質問(FAQ)|三菱電機 FA 2017年8月13日閲覧
  7. ^ a b Q71. トルクモーターをブレーキとして使いたいと思います。ブレーキの方法に「逆相ブレーキ」と、「うず電流ブレーキ」がありますが、何が違うのですか?|Q&A検索 |オリエンタルモーター株式会社 2017年8月13日閲覧
  8. ^ http://www.tdk.co.jp/techmag/inductive/200803/index2.htm”. 電気と磁気の?(はてな)館 (TDKマガジン). TDK. 2017年8月13日閲覧。
  9. ^ ディスクや電磁石は電動機と一体化されていることによる
  10. ^ 永久磁石式リターダ”. 新日鐵住金. 2017年8月13日閲覧。


「ブレーキ」の続きの解説一覧





制動距離と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

制動距離に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「制動距離」の関連用語

制動距離のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

サバテサイクル

シフトレバー

等速ジョイント

カセットスプロケット

ペリトロコイド

ブレーキワイヤー

MRワゴン

アウターワイヤー





制動距離のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
Be.BIKEBe.BIKE
Copyright(C) 2001- 2017 CAR MATE MFG.CO.,LTD. All Rights Reserved.
Be.BIKE自転車用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブレーキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS