人工心肺装置とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 人工心肺装置の意味・解説 

人工心肺装置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/15 17:28 UTC 版)

人工心肺装置(じんこうしんぱいそうち)は、心臓外科における手術などの際、一時的に心臓の機能を代行する医療機器である。人工心肺を用いた最初の成功例は、1953年にアメリカ合衆国の外科医ジョン・ヘイシャム・ギボンによってジェファーソン大学病院にて執刀されたものである。ギボンは[IBMの協力を得て]人工心肺装置の開発を行った。ギボンの成功後、Mayo-Clinicの医師たちがギボンの装置を改良し、 Mayo-Gibbon型と呼ばれた。日本における最初の成功例(1956年)は大阪大学医学部助手曲直部寿夫による。




「人工心肺装置」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

人工心肺装置に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「人工心肺装置」の関連用語

人工心肺装置のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アテンド

正法寺川北沢第一号の甲石堰堤

ジミー・ウェールズ

3000系

AT限定免許

酪農教育ファーム

ジン

竹春蘭図縁頭





人工心肺装置のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人工心肺装置 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS