ルートプレーニングとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 歯科用語 > ルートプレーニングの意味・解説 

ルートプレーニング

歯の根に残っている歯石歯石によって軟化したセメント質取り除き、歯石再付着するのを防ぐために、キュレット呼ばれる治療器具などで、歯の根を平滑(平らでなめらか)にすること。

ルートプレーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/10/10 15:12 UTC 版)

ルートプレーニング (root planing) とは、スケーリング終了後に、スケーラーを用い歯根表面の汚染・軟化されたセメント質象牙質を除去し歯根面を硬く滑沢に仕上げることを目的とする歯周基本治療の一つである。 歯根面を硬く滑沢に仕上げることで、歯周炎の原因を取り除き、歯肉の再付着を促すことになる。




「ルートプレーニング」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ルートプレーニング」の関連用語

ルートプレーニングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鳳凰木

日光国立公園

樋口一葉

三宅島

砕石マスチックアスファルト舗装

タラノキ

判定写真

バインディング





ルートプレーニングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
歯イタッ!でどっとこむ歯イタッ!でどっとこむ
Copyright (C) 2017 haitade.com All Rights Rserved,
歯イタッ!でどっとこむ教えて歯科用語
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルートプレーニング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS