ポスト構造主義とは?

ポストこうぞうしゅぎ -こうざう- [8] 【ポスト構造主義】 〔フランス post-structuralisme〕

1960年代後半から70年代にかけて登場したフランス思想運動主体消去する構造主義成果踏まえて差異(化)の概念中心に形而上学批判を行う。ドゥルーズ・デリダ・リオタールが知られる。

ポスト構造主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/23 20:57 UTC 版)

ポスト構造主義(ぽすとこうぞうしゅぎ、英語: Post-structuralism)は1960年後半から1970年後半頃までにフランスで誕生した思想運動の総称である。アメリカの学会で付けられた名称であり当時のフランスではあまり用いられなかった。「反」構造主義ではなく文字通り「post(〜の後に)構造主義」と解釈すべきであるが、明確な定義や体系を示した論文は未だ存在していない。ただしポスト構造主義者たちのアプローチは隠喩、主題、合理性といった古典的な概念に対する批判において一致しており、全体主義、父権主義、差別主義、自民族中心主義、啓蒙思想などを否定している。構造主義ポストモダンとそれぞれ関係があり、現象学の影響を受けている。このため批評家のコリン・デイヴィスは「ポスト構造主義者でなく厳密にはポスト現象学者と言うべきである」と主張している。 代表的な思想家はミシェル・フーコージャック・デリダジル・ドゥルーズ、中期のジャン=フランソワ・リオタール、後期のロラン・バルトなど。もっとも、これらの思想家で自らをポスト構造主義者と規定した者はいない。




  1. ^ 日本語としては「性別」も一語で二項対立にあたると考えられる。しかしそういった日本語固有の問題に対する論文はない。アメリカではジュディス・バトラーなどのジェンダー研究に発展する。
  2. ^ ポスト構造主義的に考えると、「日本語の乱れ(ら抜き言葉や若者言葉など)」や「正しい日本語」は存在せず、せいぜい「私では意味が分からない」と言える程度である(文学批評の項参照)。辞書があって言葉が生まれるわけではなく、初めに言葉があり辞書が出来たといえる。
  3. ^ ポスト構造主義が形而上学的にマルクス主義を論破しているわけではないことに注意すべきである。
  4. ^ ミシェル・フーコーは権力への抵抗により絶対的な真理を否定しておりポスト構造主義者と考えられている。
  5. ^ 「物語の構造分析 (INTRODUCTION A L’ANALYSE STRUCTURALE DES RECITS)」より。作者に対する批評や制約ではなく、批評家に対する批評と捉えるべきであり「作者の神格化」に対する非難となる。
  6. ^ テキストに対する点数(ランク)付け評価は思考が50年は遅れている。
  7. ^ ポストモダン哲学はしばしば芸術運動であるポストモダニズムと混同されていた


「ポスト構造主義」の続きの解説一覧





ポスト構造主義と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ポスト構造主義」の関連用語

ポスト構造主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ストレート麺

グラン マルニエ・トニック

ミニレフレクタ球

人造大理石

核分裂

ボーイング式747-300型

インフレーター

アーコレード





ポスト構造主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポスト構造主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS