デスノート_(映画)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > デスノート_(映画)の意味・解説 

デスノート (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/27 03:32 UTC 版)

デスノート』は、漫画『DEATH NOTE』を原作とした2006年に公開された日本映画丸の内ピカデリー3他全国松竹系にて公開された。全体的なストーリーは原作の第一部と第二部の結末をベースに脚色したものとなっている。公開は邦画史上として初の前・後編の連続公開として企画され、目標興行収入はそれぞれ50億円、2作合計で100億円と発表された。




  1. ^ a b “デスノート新ポスターに月&Lも、正式タイトルは「Light up the NEW world」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年4月22日). http://natalie.mu/comic/news/184540 2016年4月22日閲覧。 
  2. ^ a b 2006年(1月〜12月)”. 一般社団法人 日本映画製作者連盟. 2011年8月25日閲覧。
  3. ^ リュークのモーションキャプチャーパフォーマーも担当(DVD「complete set」及び「5th Anniversary Blu-ray BOX」特典DVDより)。
  4. ^ “1st Death Note Film to Run in 300+ U.S. Theaters in May”. Anime News Network. http://www.animenewsnetwork.com/news/2008-04-14/1st-death-note-film-to-run-in-300+u.s-theaters-in-may 2008年4月17日閲覧。 
  5. ^ “Death Note Live-Action!! Trailer”. Viz Media. (2007年4月14日). http://deathnotefilms.com/trailers.php 2007年4月17日閲覧。 
  6. ^ 映画『デスノート』10年ぶり続編製作!2016年公開 ドラマとは別物に”. シネマトゥデイ (2015年9月13日). 2015年9月14日閲覧。参照。
  7. ^ a b “「デスノート」死神リューク役・中村獅童の続投が決定、よりスタイリッシュな姿に”. 映画ナタリー. (2016年4月15日). http://natalie.mu/eiga/news/183633 2016年4月15日閲覧。 
  8. ^ 「デスノート 2016」に川栄李奈が参戦、思想を持たないノート保持者に”. 映画ナタリー (2016年2月24日). 2016年2月24日閲覧。
  9. ^ 戸田恵梨香、再び弥海砂役で『デスノート』続編出演 10年後のミサミサにプレッシャー「とても悩みました」”. オリコン (2016年3月9日). 2016年3月9日閲覧。参照。
  10. ^ 宇宙船YEAR BOOK 2007』 朝日ソノラマ〈ソノラマMOOK〉、2007年4月20日、52、70。ISBN 978-4-257-13096-3
  11. ^ 2008年(1月〜12月)”. 一般社団法人 日本映画製作者連盟. 2011年8月25日閲覧。
  12. ^ 日本経済新聞 2008年3月22日-「ハリウッド、邦画に活路〜洋画伸び悩みで日本に現地プロ」






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

デスノート_(映画)に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「デスノート_(映画)」の関連用語

デスノート_(映画)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ジョグ

広葉樹林

沖縄そば

不燃材貼り

モハ2形

カニ風味かまぼこ

間四ケン

飯野愛





デスノート_(映画)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデスノート (映画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS