ツリガネタケとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 菌類 > キノコ > ツリガネタケの意味・解説 

ツリガネタケ

学名Fomes fomentarius (L.: Fr.) Kickx
サルノコシカケ科 ツリガネタケ属)
ツリガネタケ
ブナカンバ類の立ち枯れ木や倒木上に発生する。きのこは年々少しずつ生長する。また,きのこが巨大になる系統小型のまま多数群生する系統がある。この2つのグループを同じ種として扱うべきか,別種として扱うべきかについては様々な意見がある。

特 徴
大型小型を問わず,きのこは釣り鐘形や蹄形をしたいわゆるサルノコシカケ型になる。年々生長繰り返す多年生のため,表面には環状模様ができる。表面の色は灰色から淡茶褐色できのこの下は管孔になり,この部分の色は淡灰色





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ツリガネタケ」の関連用語

ツリガネタケのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ニオイハリタケ

ヒカゲウラベニタケ

カオリツムタケ

アケボノサクラシメジ

ハナイグチ

ミドリニガイグチ

センボンクズタケ

カノシタ





ツリガネタケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人農林水産技術情報協会社団法人農林水産技術情報協会
Copyright © 1998-2016 Agriculture, Forestry and Fisheries Technical Information Society. All Rights Reserved.

©2016 Weblio RSS