スーパー戦隊ワールド_(映画)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > スーパー戦隊ワールド_(映画)の意味・解説 

スーパー戦隊ワールド (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/26 03:29 UTC 版)

スーパー戦隊ワールド』(スーパーせんたいワールド)は、イベント用に制作された1994年公開の3D映画。同時上映は『仮面ライダーワールド』『東映ヒーロー大集合』。




  1. ^ ナレーターに匹敵するキャラクターとしては「講釈師」(三遊亭圓丈)が存在していた。
  2. ^ 最終回で解散し、50年後に孫たちがダイレンジャーを再結成させている。
  3. ^ a b 全戦隊初期メンバーのみの出演であり、『ジュウレンジャー』『ダイレンジャー』に登場した6人目の戦士・ドラゴンレンジャーとキバレンジャーは出演していない。
  4. ^ 最終回で地上を去っている。さらに「ここにいることはできない」というセリフがある。『獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ』のパンフレットの望月祏多(ゲキ / ティラノレンジャー役)へのインタビューでは、坂本浩一(『キョウリュウジャーVSゴーバスターズ』の監督)は「世界を旅していた」という見解を持っているため、「ここにいることはできない」というセリフも単に「(平和になった)ここにいることはできない(=まだ平和になっていない場所に行かなければならない)」ととることができる。
  5. ^ ブラックコンドル=結城凱は『ジェットマン』最終回で死亡したが、死亡した時点が1995年であり、カクレンジャーが活躍していた時点で生きていても矛盾はない。
  6. ^ 最終回でスターキャリアに乗り宇宙に旅立っている。ただし、フラッシュマンのように地球にいられなくなったわけではなく、ゾーンに滅ぼされた星々を蘇らせにいっただけ。
  7. ^ 「LIST OF WORKS 高岩成二」『JAE NAKED HERO』 太田出版2010年3月8日、141頁。ISBN 978-4-7783-1210-7


「スーパー戦隊ワールド (映画)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「スーパー戦隊ワールド_(映画)」の関連用語

スーパー戦隊ワールド_(映画)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

8000系

ハトムギ

小型ポンプ車

おれんじ九州

マユミ

数珠繋図鍔

一宮町の線香づくり

ディファレンシャル・エントラップメント





スーパー戦隊ワールド_(映画)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスーパー戦隊ワールド (映画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS