落(と)し文/落(と)し書とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 落(と)し文/落(と)し書の意味・解説 

おとし‐ぶみ【落(と)し文/落(と)し書】

政治批判など公然と言えないことを書いて、人目につきやすい所に落としておく文書落書(らくしょ)。

甲虫目オトシブミ科昆虫総称小形ゾウムシに似るが、首が長い体色は黒・赤などで光沢がある。クヌギ・ナラなどのを巻いて巻物書状に似た巣を作り、卵を産みつける。その後切って地上に落とすものや、そのままとするものがある。《 夏》「音たてて落ちてみどりや―/石鼎

落とし文/落とし書の画像 落とし文/落とし書の画像
卵の巣がもうすぐできる




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「落(と)し文/落(と)し書」の関連用語

落(と)し文/落(と)し書のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



落(と)し文/落(と)し書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 Weblio RSS