*鷹とは? わかりやすく解説

たか【×鷹】

読み方:たか

タカ目タカ科鳥のうち、小形ないし中形のものの総称多く生きた動物食し、鋭いつめをもち、くちばし先は鋭く鉤(かぎ)形に曲がる。鷹狩りにはオオタカ地域によりクマタカ用いられた。ハイタカ・ノスリ・チュウヒ・トビなど。《 冬》「—一つ見つけてうれしいらこ崎/芭蕉


よう【×鷹】

読み方:よう

人名用漢字] [音]ヨウ(漢) オウ(呉) [訓]たか

[一]〈ヨウ・オウ〉鳥の名。タカ。「鷹揚(おうようようよう)/放鷹(ほうよう)」

[二]〈たか〉「鷹匠(たかじょう)・鷹派熊鷹(くまたか)・禿鷹(はげたか)・夜鷹


たか 【鷹】

タカ目鳥のうち小・中形の一群総称大形ワシという)。古代には太陽・光・力・速さなどの象徴とする地方があり、エジプト聖刻文字では神を意味したため、これを殺すと死罪になったギリシア神話では、アルテミスに娘を殺されたダイダリオンは悲しんで山頂から身投げたが、アポロンによって鷹に変えられたという。古代ギリシア・ローマでは鳥占いでも重視され、鷹が戦艦飛来すれば戦いは吉、片脚不自由な鷹が来れば結婚話が吉、などとした。羽は風を生む力・生命の象徴などに用いられる

作者石川淳

収載図書昭和文学全集 15
出版社小学館
刊行年月1987.2

収載図書石川淳選集
出版社岩波書店
刊行年月1988.2

収載図書
出版社講談社
刊行年月1988.10
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書ちくま文学 別巻 もうひとつの話
出版社筑摩書房
刊行年月1989.4

収載図書石川淳全集 第4巻
出版社筑摩書房
刊行年月1989.8

収載図書石川淳選集 第4巻 小説 4
出版社岩波書店
刊行年月1993.8

収載図書方法実験 新装版
出版社學藝書林
刊行年月2002.11
シリーズ名全集 現代文学発見


作者大岡昇平

収載図書大岡昇平全集 3 小説 2
出版社筑摩書房
刊行年月1994.11

収載図書戦後短篇小説選―「世界」1946-1999 2
出版社岩波書店
刊行年月2000.2


作者沢田五郎

収載図書その土の上で沢田五郎作品集
出版社皓星社
刊行年月2008.3


読み方:タカtaka

タカ科属す鳥のうち、中形から小形のものの総称


読み方:たか

  1. 凧のこと。〔信濃方面の方言〕 或は宵の空巣ねらひのこと。〔京阪神〕 或は強姦を云ふ。
  2. ①宵の空巣ねらいのこと。又は強姦。②馬鹿者。「らり公」「られ公」ともいう。

分類 信濃方面の方


読み方:たか

  1. 黄昏家人不在ヲ窺ヒ屋内ニ忍入ル窃盗犯-〔京阪地方〕。〔第三類 犯罪行為
  2. 宵の口空巣ねらひ。〔犯〕
  3. 〔犯〕夜鷹の略で宵窃盗のこと。
  4. 宵の強盗のこと。〔一般犯罪
  5. 窃盗蚊母鳥(よたか)は宵に飛廻るところから。〔盗〕

分類 京阪地方犯人犯罪犯罪者、盗/犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:タカtaka

ワシタカ目鳥のうち、小型中型のもの

季節

分類 動物


読み方:タカtaka

作者 石川淳

初出 昭和28年

ジャンル 小説


読み方:タカtaka

作者 大岡昇平

初出 昭和26年

ジャンル 小説


読み方:タカtaka

作者 松本たかし

初出 昭和13年

ジャンル 句集


読み方
こうだか
たか
たかさき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/02 06:54 UTC 版)

(たか)とは、タカ目タカ科に属するのうち比較的小さ目のものを指す通称で、鳥類の一種である。 オオタカハイタカクマタカなどの種がいる。タカ科に分類される種にて比較的大きいものをワシ(鷲,Eagle)、小さめのものをタカ(鷹, Hawk)と呼び分けているが、明確な区別ではなく慣習に従って呼び分けているに過ぎない。また大きさからも明確に分けられているわけでもない。例えばクマタカはタカ科の中でも大型の種であり大きさからはワシ類といえるし、カンムリワシは大きさはノスリ程度であるからタカ類といってもおかしくない。


  1. ^ 鷹狩りと御旅所”. 徳島県立文書館. 2022年5月11日閲覧。
  2. ^ 長野県佐久市教育委員会 『北佐久口碑伝説集 北佐久編 限定復刻版』1978年11月15日、27頁。 
  3. ^ 『信州の民間薬』全212頁中85頁医療タイムス社昭和46年12月10日発行信濃生薬研究会林兼道編集
  4. ^ ただし英語では「Eagle Vision(イーグルヴィジョン)」となっている。


「鷹」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 00:32 UTC 版)

Ghost of Tsushima」の記事における「鷹」の解説

空から監視しており、主人公見付けると啼いて近くの兵に報せる

※この「鷹」の解説は、「Ghost of Tsushima」の解説の一部です。
「鷹」を含む「Ghost of Tsushima」の記事については、「Ghost of Tsushima」の概要を参照ください。


鷹(たか)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/08 06:06 UTC 版)

チャゲチャ」の記事における「鷹(たか)」の解説

南冷砕雲館高校専属伝令伝言ゲーム式で伝えられ伝えられる内容最終的には7割程度になる。

※この「鷹(たか)」の解説は、「チャゲチャ」の解説の一部です。
「鷹(たか)」を含む「チャゲチャ」の記事については、「チャゲチャ」の概要を参照ください。


鷹 (Falcon)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/14 17:45 UTC 版)

ファイティングレイヤー」の記事における「鷹 (Falcon)」の解説

空のアニマル勝利すると、次のCPUキャラクタージョーになる。媒体によっては「」や「隼」とされることもある。

※この「鷹 (Falcon)」の解説は、「ファイティングレイヤー」の解説の一部です。
「鷹 (Falcon)」を含む「ファイティングレイヤー」の記事については、「ファイティングレイヤー」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 02:34 UTC 版)

オー!ファーザー」の記事における「鷹」の解説

ギャンブラー裏社会関わる噂が絶えない

※この「鷹」の解説は、「オー!ファーザー」の解説の一部です。
「鷹」を含む「オー!ファーザー」の記事については、「オー!ファーザー」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 15:04 UTC 版)

MicMacオンライン」の記事における「鷹」の解説

#鷹眼石のこと。

※この「鷹」の解説は、「MicMacオンライン」の解説の一部です。
「鷹」を含む「MicMacオンライン」の記事については、「MicMacオンライン」の概要を参照ください。


鷹(たか)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 01:09 UTC 版)

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」の記事における「鷹(たか)」の解説

キョン初夢中に登場する鷹屋さん異なりちゃんと鷹のコスプレをしている。

※この「鷹(たか)」の解説は、「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」の解説の一部です。
「鷹(たか)」を含む「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」の記事については、「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」の概要を参照ください。


鷹(イン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 11:42 UTC 版)

ミラキュラス レディバグ&シャノワール」の記事における「鷹(イン)」の解説

鷹のレンリン司るものは不明

※この「鷹(イン)」の解説は、「ミラキュラス レディバグ&シャノワール」の解説の一部です。
「鷹(イン)」を含む「ミラキュラス レディバグ&シャノワール」の記事については、「ミラキュラス レディバグ&シャノワール」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 07:06 UTC 版)

NARUTO -ナルト-の登場人物」の記事における「鷹」の解説

サスケ大蛇丸殺した後、その支配下にいた者達から組織した四人一組小隊当初は「蛇」名乗りうちはイタチ抹殺目的としていたが、それを果たした後は「鷹」と名乗り木ノ葉隠れ里の殲滅目指すと同時に利害が一致したため暁と手を組んでいる。五影会談一件サスケメンバー見限った後、一旦事実上の解散状態になるも、第四次忍界大戦終盤復活した大蛇丸と共に合流し今度は暁を裏切って忍連合軍手を組む鬼灯水月ほおずき スイゲツ) 声 - 近藤隆 大蛇丸の獄に封じられていた霧隠れ出身青年で、鬼灯満月の弟にして「鬼人・再不斬の再来」とまで言われる神童。「霧の忍刀七人衆」の刀を全て集め新たな七人衆結成してそのリーダーとなることを夢見ている。戦闘では体を液体化させる独自の水遁忍術水化の術」とその応用術を操るも、遁による攻撃は苦手としている。第二部からは、大蛇丸倒し自分解放したサスケ実力認めてサスケ同行その後波の国にあった再不斬の墓から断刀・首切り包丁を「受け継ぐ」という名目盗み取るキラービーとの戦闘では身を挺して仲間救おうともしたものの、尾獣化したキラービー一撃戦闘不能にされるが、キラービー倒したサスケ重吾救われるその後五影会談潜入した際に重吾と共にサスケ置いていかれ、侍に見つかり牢に閉じ込められるが、第四次忍界大戦開始からほどなくして重吾と共に脱出しサスケ探索する内に大蛇丸アジト戦争をも左右しかねないような資料発見その後穢土転生止めイタチ別れたサスケ合流し復活した大蛇丸たちと行動を共にする戦後は、香燐重吾と共に再び大蛇丸配下戻っている。アジト訪れたサラダ自身の出生について疑惑持ち、彼女か自身香燐DNA検査をすることを頼まれ香燐中にあった臍の緒勝手に持ち出して検査してしまったことで、思わぬ誤解生んでしまった。 香燐カリン) 声 - 東條加那子行成とあサスケ真伝BORUTO) 南アジト監獄管理者であるくノ一。うずまき一族末裔であり、赤い髪眼鏡特徴基本的に乱暴な口調で喋るが、好意抱いているサスケ2人きりになった時は態度軟化させている。周囲のチャクラ正確に感知する能力持ち自身のチャクラ消して他人感知から逃れることも可能。またチャクラ乱れ感知することで、相手が嘘をついているかを見抜くともできる自分の体を噛んだ者を(自身含め回復させる能力を持っており、彼女の上半身には無数の噛み痕しきもの残っている第二部では大蛇丸倒された後、サスケにその能力買われ同行することになったキラービーとの戦闘では、サスケ放った天照」の黒炎が着火してしまったが、土壇場右目万華鏡の力を解放したサスケによって火を消され難を逃れる五影会談後にサスケダンゾウ襲撃した際には、サスケ回復させた直後にダンゾウ人質に取られるが、足手纏いだと突き放されダンゾウごと「千鳥」で体を貫かれ倒れダンゾウ殺害されたサスケ止め刺されそうになるが、サスケ追ってきたサクラ治療により一命取り留めるその後木ノ葉に連行されて尋問を受け拘禁を受け、牢ではサスケブロマイド語りかけるなど表向きは気が触れたように振る舞っていたが、隙をついてこのブロマイドの裏忍ばせてあったピッキング道具使用して脱獄する第四次忍界大戦はちょう先代火影たちと共に戦場向かおうとしていた大蛇丸や「鷹」のメンバー達と合流しサスケ殺されかけたことは水に流して自らも戦闘参加したトビグルグル)との戦いでは、うずまき一族伝わ封印術金剛封鎖」を発現させた。 戦後は南アジト戻りサクラサスケと共に旅をしていた時期に南アジトサラダ出産立ち会い、その記念に臍の緒貰っていた。サスケへの恋心彼の幸せ願って潔く身を引いたようで、サクラとは友人同士になっている重吾ジュウゴ) 声 - 阪口周平 オレンジ髪で大きめの鼻を持つ大柄な青年。本来はおとなし性格であるが、精神の一部異常な殺人衝動が隠れており、その衝動コントロールできない自分更生させるために「自ら望んで」北アジト人体実験場に囚われていた。その際に大蛇丸から呪印を受けており、この呪印によって「体の一部戦闘特化した形に変化させる」「呪印聴覚にのみ作用させ、小動物意志の疎通を図る」「自分が縮む代わりに負傷した他人に自分の血肉分け与える」「他人の血肉を取り込んで自分回復させる」などの多彩な術を使う重吾一族自然エネルギー取り込むことのできる体質を持っており、一族ではこの呪印オリジナルとなった力を「仙人化」と呼んでいた。 かつては生前の君麻呂に対して自分の殺人衝動抑えることができる唯一の人物」という理由で心を開いており、君麻呂が命に代えて招き入れたサスケ価値見極めるために同行していた。第二部五影会談では雷影エーと交戦となり、呪印最大解放して戦うも敗北その後水月と共にサスケ置いていかれ、侍に見つかり牢に閉じ込められるも、第四次忍界大戦開始からほどなく脱出する。その少し後に水月と共にサスケ合流して戦場向かいサスケナルトと共に十尾人柱力となったオビト挑んだ際には、サスケ仙術チャクラ提供しており、「仙術須佐能乎」を顕現させた。

※この「鷹」の解説は、「NARUTO -ナルト-の登場人物」の解説の一部です。
「鷹」を含む「NARUTO -ナルト-の登場人物」の記事については、「NARUTO -ナルト-の登場人物」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「*鷹」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2020/09/24 12:34 UTC 版)

発音(?)

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「 鷹」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



*鷹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
大槻能楽堂大槻能楽堂
copyright(c) 2022 The Ohtsuki Noh Theatre Foundation All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鷹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのGhost of Tsushima (改訂履歴)、チャゲチャ (改訂履歴)、ファイティングレイヤー (改訂履歴)、オー!ファーザー (改訂履歴)、MicMacオンライン (改訂履歴)、涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 (改訂履歴)、ミラキュラス レディバグ&シャノワール (改訂履歴)、NARUTO -ナルト-の登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS